記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

 

たくさんの人を見て思うことが、「今、幸せかどうか」は、自分で選んでいるということです。

 

過去にあったできごとを「不幸だ!」と思っていたことは、単なる思い込みなのかもしれないからです。

自分で選んでいた不幸が思い込みであると分かったとき、人生の新しい扉が開かれて行くのです。

 

思い込みを大事にして、私は「不幸だ」と記憶し続けていたのかに気づいて手放すと、「幸せ」が残ります。

 

「幸せ」になることは、本当に本当に簡単なのです。

今、この瞬間に「幸せ」になることができます。

今、この瞬間に「豊かさ」を受け取ることができます。

今、この瞬間に「自由」になることができます。

 

私が何かをしたから「幸せ」になったり、何かをがんばったから「豊か」になるのではありません。

 

私には「足りない」と思って、今まで「ないこと」にしていたものが、本当は自分の中に「すでにあったこと」が分かると、幸せにも豊かにもなれるのです。

「幸せ」や「豊かさ」は、実はすでに自分の中に「あるもの」なのです。

 

でも、多くの人は幸せになりたくなかったり、豊かになりたくないのです。

幸せになったら困るから…

豊かになったら困るから…

 

だから、自分の中に「ないこと」にしていることが意外とあるのです。

 

もし、身近な家族や周りの人が「幸せでないよう」に見えているなら、彼らが幸せになったら困るのも、豊かになるのが嫌なのも、実は自分次第なのです。

 

seri2

 

「私は、あなたのせいで不幸なの!」って、言いたくなる人はいませんか?

これが「幸せ」のブレーキを踏んで、すでにあるのに「ない!」って言いたくなる感覚かもしれません。

 

もしかすると、家族や周りが不幸に見えている人は、「あなたはダメでも私は幸せなの!」って、言いたいのかもしれませんね。

 

例えば、「両親はケンカばかりしていた」という人がいました。

「でも、私は旦那とは仲がいいです」と言います。

 

自分の心の奥を探ってみると、両親が仲良かったら困るのです。

両親が仲良かったら、「あなたはダメだけど、私はこんなに上手くやっていること」を言えなくなるからです。

 

自分や、自分の周りに不幸を作っている心の根底には、誰かへの当てつけであることがほとんどなのです。

だから、誰かのせいにしたり、誰かへの当てつけで「不幸」を選ぶことはやめて、さっさと「幸せ」を選べばいいのです。

 

色んなことを言いながらも一緒にいることは「仲がいい」ことなんです。

ケンカするほど仲がいいのは、相手を信頼していないとできませんから。

 

愛にも色んなカタチがありますが、大人って複雑です。

子どものときには分からなかったことが、たくさんあったのです。

 

今まで「ない!」と思い込んでいたけれども、すでに自分の中に「あった!」かもしれないのです。

 

「幸せ」も、「豊かさ」も自分の中にすでに「ある」ところからスタートです。

そうじゃないと、ずっと自分以外の人やモノに幸せを追い求め続けます。

だから、自分の中にある「幸せ」に気づくことが大事なのです(^-^)

伊藤直幸

 

★「ありのままに生きる」個人セッション
フリ」を止めれば、幸せはカンタンです!
詳しくは、こちらをご覧になってください↓
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1573

 

WP-トピックバナーw300動画2
★「やりたいこと発見セミナー」を
ご自宅で何度でも体験できます★
詳しい内容は、コチラから↓

http://itou-naoyuki.jp/seminar/diamond-movie/


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る