記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、本当にありがとうございます。

今回は、「他人をむやみに持ち上げない」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

私たちは 「自己矛盾」 を抱えている存在です。

財産や肩書、学歴のような何か特別なものを持っている人たちを重要人物と心の中で思い込んで 「偉い人だ」 と持ち上げる一方で、「あの人たちは、私を見下している」 と文句を言います。

これは、自分で頭の上から水をかぶり 「ずぶ濡れになった」 と文句を言うのと同じぐらい、おかしなことです。

このような 「自己矛盾」 に陥らないための解決策は極めて簡単です。

「他人を持ち上げない」 ようにすればいいのです。

他人を見上げなければ、見下されたと感じることはありません。

特定の人たちを実際以上に偉い人間だと考えているのは 「自分」 なのです。

その人たちを実物大に戻すのも 「自分」 です。

他人が 「自分」 と異なっているからと言って、その人がそれだけ偉いということにはなりません。

「自分」 は他人より重要という訳でもなく、重要でないという訳でもありません。

私たちはみんな、かけがえのない 「重要な人間」 なのです。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る