記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

今回は、「したくないことは、はっきりと断る」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

こちらが嫌だとか、都合が悪いと思っているのに、自分の仕事をひたすら押し付けてくる人がいます。

そして、もしその人の要求に負けてそれを受け入れると、結局、こちらが憤りを感じたり、相手の犠牲になったように感じたりすることになります。

こういう状況から逃れようとして、断る理由を色々と考えても、めったに上手く行きません。

相手は口が上手く、理屈を色々こねて説得してくるだけです。

こういったときは、はっきりと断ることです。

一番いい解決法は、「私は、それをしたくありません」 と言い切ることです。

理由を述べる必要もありません。

相手があなたに要求を押し付けてくることに疑問を感じないのと同様に、あなたも相手の要求をはっきりと断ることに疑問を感じる必要はありません。

自分の責任ではないことを引き受ける 「義務」 はありません。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る