記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

家の近くを歩いていると、
トイレの芳香剤のような臭いが
至るところからしてくる。

 

例、のアレね(笑)

 

「キンモクセイ」なんだけど、
オレンジ色の小さな花が
木を覆うように咲く。

 

甘くて、優しい感じがする。

 

キンモクセイ、金木犀、モクセイ科

 

今でこそ、
水洗トイレが当たり前だけど、

今ほど進んでいない頃は、
汲み取り式のトイレがほとんどで、
戸を開けたら倒れそうな
悪臭を放つトイレが多かった。

 

 

そのニオイを消すために、
かつてはトイレの近くに
キンモクセイを植える家庭も
多かったのだとか。

 

その名残があるのかも
知れない。

 

 

花って、かわいい。

 

花があるだけで、
周りが華やかになる。

 

一輪挿しが部屋にあるだけでも
気分が明るくなる。

 

ただ、そこにあるだけで
存在価値がある。

 

僕は、
「女性の笑顔は花」に
例えるときがある。

 

それほど、
周りを明るくさせる
ものだと思っているから。

 

女性はそもそも、
そういう存在なんだと思う。

 

いるだけで、
人を癒したり

ホッとさせたり
空気が和んだり、
さわやかにしたり。

 

ただ、いるだけで、
周りを幸せにする
パワーがあるんだ。

 

だから、
なにかをしようと
しなくていい。

 

花のように、
ひらひらと、
良い香り漂わせて

華やかに、
ルンルンしていればいい。

 

花にも、
いろんな色やカタチ、

人で言うなら
多様性があるから、

それぞれの花でいたらいい。

 

自分らしい、
花の姿でいたらいい。

 

花(女)らしく、
ひらひら、
ルンルンしてたらいい。

 

8434574969_63f00504c5_b

 

女でも、
男と同じように
しなきゃいけない。

 

女と男は一緒。

 

がんばらなきゃ。

 

役に立たなきゃいけない。

 

おしゃれを
楽しんではいけない。

 

甘えてはいけない。

 

女を言い訳に
してはいけない。

 

女を使ってると、
思われてはいけない。

 

そう、
思っていない?

 

ただ、いるだけで、
周りを幸せにする
パワーがあるんだ。

 

だから、
なにかをしようと
しなくていい。

 

花のように、
ひらひらと、
良い香り漂わせて

華やかに、
ルンルンしていればいい。

 

自分らしい、
花の姿でいたらいい。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る