記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「他人に対する悪い感情は、“さらり”と忘れる」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

私たちは意見が衝突したり、不当な扱いを受けたと感じたりすると、その原因を作ったと思われる人に悪い感情を抱く傾向があり、しかも、それは当然だと考えます。

けれども、悪い感情は、他の誰よりも自分に一番多くの害を与えます。

自分に不利益を被(こうむ)らせた相手を許さないという態度から生まれる “すさまじいマイナスのエネルギー” は、「心と体」 に悪い影響を及ぼします。

さらに悪いことに、過去の不幸な出来事に固執することで、さらに多くの不快な 「経験」 を引き寄せます。

衝突したことのある相手に対しては、やむを得ない場合は別にして、無理に友好的な態度をとる必要はありません。

しかし、「忘れず」、「許さず」 という態度を貫いていると、あなたは 「強さと柔軟性」 を失い、無力感にさいなまれ、自分で人生を切り開くどころか、被害者意識に取りつかれることになってしまいます。

他人に悪い感情を抱くことは、他人以上に自分を害します。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る