記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

「がんばっても、上手くいかない」
「がんばりたくても、がんばれない」あなたが、

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる』
考え方、生き方をお伝えしています。

【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになる生き方
?http://ameblo.jp/ganbaranai-happylife/

 

「こうでなくてはならない」

「こうするべき、、、」

 

誰にも、
こういった考え方が
何かしらあると思います。

 

それは自分にとって、
「こうあるべき」という
【マイルール(私のルール)】
みたいなものです。

 

しかし、
この考え方に
あまりにもこだわりすぎると、

人間関係で事あるごとに
緊張状態になって、

本来の自分が持っている力を
発揮できなくなります。

 

あなたが、

・他人と比べること

もしくは、
マイルールからそれた途端に

・相手のことが気になる

・腹が立つ

のであれば、
【何らかの
観念】が働いてます。

 

しかし、
やっかいなことに、

この【観念の反応】が
習慣になってるということ。

 

多くの人は、

自分では気づかない、
無意識であるがゆえに
この習慣が止められず、

自分自身のルールから外れた
出来事や人間関係に
対して反応をして、
自分や相手を否定してしまうことに
なりがちです。

 

image-20130211213013

 

・他人と比べること

・相手のことが気になる

・腹が立つ

それが、悪いのではありません。

 

大事なことは、
マイルールから外れたときに
【自分がどんな反応をしているのか?】に
気づくことです。

 

マイルールから外れたとき、
心の中では、
こんなことを言っています。

 

「腹立つなぁ、コイツ」

「分かってないな」

「なぜ、この人は何もしないのだろう」

 

そして、
腹立たしさや気になることの原因は
【相手にある】と信じています。

 

本当は、相手にあるのではなく、

【自分の反応の習慣】が
腹立たしさや気になることを見せている
としたら、、、

 

【自分の反応の習慣】が
【自分自身を縛りつけている】
としたら、、、

 

相手に原因を見るよりも、
【自分を縛りつけているもの】

つまり、マイルールを認識して
不必要なら取り外せばいいだけです。

 

マイルールはあってもいいのですが、
こだわりすぎないことです。

 

マイルールはあっても、
他人に押しつけないことです。

 

そうなると、
出来事や人間関係で
自分や相手を否定することも
無くなるでしょう。

 

そのためにも、
「気づこうとしている自分」を
認めることです。

 

そして、
自分が良くないと感じてる部分は、
気づきから
変えていくことは
いくらでもできます。

 

今「気づいている」ということは、
今から変わりつつある!

 

そう、思っていればいいのです。

 

自分の中にある、
「こうあるべき」という
マイルールを知って、
ものごとに対する見かたを変えれば、

目の前に起こっている
悩みや問題でさえも、

自分にとっての【幸せ】を
気づかせてくれているものだと
分かります。

 

【自分がどんな反応をしているのか?】
知ることは、

自分にとっての【幸せ】を
知ることになるのです。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る