記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

私は、ポジティブ人間だと勘違いされそうですが、、、

 

ポジティブ思考を意識し始めたばかりの頃の話です。

もう、10年以上も前のことですが、、、

 

なかなか、ポジティブになれない。

ポジティブになれても、落ち込むことだってありますよね。

 

その、落ち込みからなかなか抜け出せない。

そんなことがありました。

 

20歳のときに専門学校を卒業して、「面白そう!」と感じた舞台美術製作会社に入社。

36歳のとき、やりたいと思っていたアミューズメント運営会社に転職し、最初は意気揚々だったのですが、、、、

 

その一方で、こんな思いも、、、

「本当は、辞めなければよかったのじゃないか?」

後悔が襲ってくることがあります。

 

給料は、以前の2/3になってしまったし、定期的に休める日はない。

前の会社にいたら、経済的にも楽だったろうに、、、

 

などと考えたら、反省や後悔や自分への怒りや嘆きが襲ってきます。

当然、落ち込んでいきます。

 

でも、「いやいや、落ち込んではいけない。後悔したって、人生が変わるわけではない」

「人生、過去に戻って、やり直せるわけではない」

 

前向きに、ポジティブに、そんなことを考えるのですが、、、

 

「落ち込んではいけない!」

「ネガティブになってはいけない!」って、

思えば思うほど(頑張れば頑張るほど)、落ち込みが激しく、落ち込み時間が長くなっていました。

 

失敗した自分を責め、

ポジティブに考えられない自分を責め、

笑顔でいられない自分を責め、

やる気の出ない自分を責め、

このようになってしまった原因を責め続け、

無限ループで「自分を責めることが続いていた」のです。

 

20151120083932-3012-700_raw

 

あるとき、「感情にいいも、悪いもない。どんな感情も必要だから出てくるのだから」と、私の先生から教わりました。

 

「どうしたら、いいんですか?」

「落ち込むときは、思いっきり落ち込んでみたらいいんだよ」

「人は、どんなに無理をしても、感じていないふりはできないのだから、短い時間に落ち込んでしまって、感じ尽くしてしまえば、それから一気に上昇するから。そんなのも一つの方法だよ」と、教わりました。

 

試してみると、なかなか楽しかったりしました。

 

私は、人前ではいつもいい人をしているタイプでしたが、実は、怒りを内部に相当ため込んでいたのです。

 

「自分は、怒っているんだから、その感情にフタをして、感じていないふりをするのではなくて、思いっきり怒ってみよう」

そして、怒っている人に向かって、思いっきり怒ってみたのです!

 

罵詈雑言を吐きました!

怒りを露わに、相手に思いっきり殴りかかりました。

 

「そんなことしたら、大変なことになったんじゃ、、、」

 

いいえ、何の問題も起きませんでした。

むしろ、良い関係になりました。

 

なぜなら、私の頭の中のイメージで行なっただけですから。(ビックリしましたか?)

 

すると、怒りが発散されて、頭と体、心の中からその怒りが排出され、抑え込んでいた怒りのエネルギーが、情熱のエネルギーに変わって戻ってきました。

 

それからは、落ち込んだとき、悲しんだとき、悔しかったとき、さびしいときでも、短時間でエネルギーが戻ってくるようになったのです。

ぜひ、試してみて下さい。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る