記事の詳細

がんばらなくても幸せになれる生き方【現代版・うさぎとかめのお話】

なぜか知らないけれど、
『がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』をテーマに
ゆる~くお話しています。

 ↓
がんばらなくても幸せになれる生き方
【現代版・うさぎとかめのお話】

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

スマホ、持っていますか?

 

スマホはいいですよね(^^)

 

便利だし、
どこでも仕事ができるし、

何よりも、
寂しくない。

 

 

スマホを通せば、
一人ぼっちでも
たくさんの友達がいます。

 

世の中の動きが見えますし、
「寂しい」と感じさせません。

 

だから、

・恋人を欲しがらない人が増える

・「草食系」という言葉が生まれる

・独身者が増える

のだと感じています。

 

スマホでゲームをやっていた
中学生の子に、

「それ、面白いの?」
と聞くと、

「面白くないよ」
と言います(・_・)

 

「面白くないのに
 何でやるの?」
さらに聞くと、

「ヒマだから」

と真顔で答えられました(^_^;)

 

かなり昔、

「ディズニーランドに行くと
 付き合いたてのカップルは別れる」
という伝説がありました。

 

ディズニーランドは
待ち時間が長いので、

トークや盛り上げに長けてないと、

「この人、つまらないなぁ、、、」
と思われてしまうため、
ディズニーランドに行った後に
別れてしまうカップルが多い
ということです。

 

しかし今では、
行列ができる
お店や
テーマパークでは

多くの人がスマホをいじっています。

 

カップル、家族なども
会話をせず、

ゲームやライン、
フェイスブックを、

単独で楽しんでいます。

 

スマホやネットが
欠かせなくなり、
「時代が変わったなぁ」

心から思います。

 

別に、
これが悪いとは言いません。

 

いつの時代も、
色々なものが変わりますし、

僕だって、
僕の親の世代から見たら、

「コイツら、変わってんな~」

と思うことが
たくさんあると思います。

 

ただ、
スマホやネットの普及で、

・リアルな会話

・リアルな付き合い

などは、
減っていることは
確かだと思います。

 

ちょっと、
怖いと思うのは、

「孤独を感じる時間」
無くなったことです。

 

 

例えば、
あなたは、
行列のできるラーメン屋で

一人で待っていた、
とします。

 

そして、
目の前にカップルがいて

イチャイチャしていた、
とします。

 

「チェッ!
 そんなの家でやったら」
と思いながらも、

心の中では密かに、
「羨ましい」
「寂しい」
という気持ちが生まれ、
その感情が進化すると、

「私も、恋人を作ろう!」
モチベーションに変わり、

実際に行動が始まります。

 

しかし、
スマホがあると、

ネットを通して友達がいるので、
「寂しい」と
感じる機会が減ります。

 

しかも、
先程の中学生の話のように、

「クセ」になっているので、
スマホをいじります。

 

つまり、

【何かものごとを考える < スマホ】

という方程式なのです。

 

スマホやネットの普及は、
独身や異性に
興味がない人が
増えている
大きな原因の
1つだと
思っています。

 

若い頃は、良いと思います。

 

ネットを通した友達でも、
なんとなく「幸せ」を
感じることは

できるかもしれません。

 

しかし、
歳をとって、
体が動かなくなったら、

恐らく、
ネットの先の友達は

助けてくれないと思います。

 

急に体が痺れて
這いつくばりながら
スマホなどに

「助けて!
 体が動かない!」

と打ち込んだら、

さっきまで一緒に
ゲームをしていていた人が

「きたー」とか、
そんなコメントを
返すのが
オチです。

 

スマホやネットが
常識となった今、

「孤独ではない孤独死が
 増えるのではないか?」と、
こんなことを
考えていたのですが、

これを、
「今の若い子たちに
 押しつける
のはどうかな?」と、
考えてしまいました。

 

僕は、45歳です。

 

小さい子どもの頃は、
ゲームもなく、

パソコンもなく、
ネットもなく、

近くの川がキレイで、
カブトムシがとれる
そんな幼少期を過ごしました。

 

 

そして、
子どもながら
リアルの付き合いを楽しみ、

人と一緒にいる楽しみを
知っています。

 

しかし、
今の子ども達は、

親が「忙しいから」と言って、
スマホを渡され、
Youtubeを見させられます。

 

知らないものを押しつけても
相手には伝わりません。

 

一度でも体験していれば、

「リアルはいいよ」
と言われたら、
「確かに」と思いますが、

一度も体験せず
知らない人であれば、
「何、それ?」
という感じです。

 

なので、難しいです。

 

ただ、僕はあえて、
「価値観を押しつけよう」と

思います。

 

友人から聞いた話ですが、
ホテルを経営している、
星野リゾートの経営者さんが、

 

「ホスピタリティ
(人が人に対して行なう
 いわゆる「もてなし」の
 行動や考え方)とは
 押しつけだ」

ということを
言っていたのですが、

ようは、
他と同じような
「当たり障りのないこと」を

やっていても、
他のホテルに埋もれてしまう。

 

だから、
「押しつけ」で、

それが気に入らないで去る人は、
それはそれで仕方がない。

 

ということらしいのですが、
僕も、そのマインドで
いこうと思います。

 

僕は、年齢的に、

リアルも、バーチャルも、
両方を体験して、
両方の楽しさを
知っています。

 

だからこそ、

両方の良さをどんどんと
押しつけようと思います。

 

世の中、
完璧な正解はありません。

 

99人が満足しても、
1人が不満足なら
それは完璧とは言えないからです。

 

このブログもそうです。

 

完璧ではない、
と思います。

 

みんなが、
この考えに
賛成するとは
思いません。

 

しかし、
みんなのお伺いを立てて、

自分の考えを殺していては、
メッセージなんて
発信できません。

これからも、
「幸せのメッセージ」を
どんどんと

押しつけていきますので
よろしくお願いします。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

● 記事のリブログ、シェア、転送、転載はご自由に

● メッセージやコメントは、記事で紹介することがあります。

 

● 質問はこちらまで
http://ameblo.jp/jibunrashisa-tankenka/entry-12249893291.html

 

● 1日5分。これだけで、あなたを「幸せな人」に変えてみせます♪
メルマガ【幸せレシピ】http://www.reservestock.jp/subscribe/65364
「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ

メルマガ【幸せレシピ】の購読申し込みはこちら

 

● 電子書籍を出しています
伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る