記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます。

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

 

私にとって、今の人生の目的は、
「自分の心に素直になって、幸せに生きている姿をありのままに表現して、
多くの人に自分の中にあふれている幸せに気づいてもらうこと」です。

 

自分の気持ちにウソをつかずに、フリ(いい人とか、できるふりとか)をせずに
自分を受け容れて、そのままの自分で生きていくことだと思っています。

今まで、ずっとココロの奥に押し殺してきた自分やひた隠しにしてきた自分、
ブロックを外していくことをして本当の自分で生きること。

 

「ありのまま」という言葉は、捉えにくいのも事実です。

ただ、「ありのまま」と「わがまま」は似ていますが違います。

 

「私は、ありのまま生きる!」と言って、
他人に迷惑がかかっても堂々と生きるのとは、ちょっと違うのですね。

 

「自分一人がOK!」なのは、わがままです。

「自分もまわりの人もOK!」なのが、ありのまま。

「わが」と「あり」という少しの違いですが、大違いです。

 

「わがまま」とは、「我が」を指します。

つまり『私だけのまま』です。

 

「ありのまま」とは、『在り(有り)のまま』

『すべてがあるまま』です。

『すべてがあるまま』ということは、「私もあなたもそのまま」とも言えます。

 

『私もあなたもそのまま、何もなくても素晴らしい』
というのは言葉では簡単です。

ですが、世の中にはたくさんの人がいて、その数だけ価値観があります。

それを「私もあなたもそのまま」に見るというのは、
実は難しいということが分かります。

 

私もあなたも素晴らしいことが分かるには、
まずは、「本当の自分を受け容れる必要」があります。

でも、「本当の自分」って、かなり漠然とした言葉ですよね。

 

私が経験したことを出させてもらうと、
私は「いい部分」だけを追いかけていたことがありました。

精神世界の本をたくさん読みましたし、色々とやりました。

自分の陰を嫌って、自分の嫌な部分は「ないもの」として、
避けようとして生きてきたところがあったのです。

 

本当は、できない自分。

本当は、ずる賢い自分。

本当は、優しくない自分。

本当は、自分の都合のいいようにしている自分。

 

本当は、人を見下している自分。

本当は、目立ちたい自分。

本当は、特別な人間と思いたい自分。

 

本当は、いい人のフリをしている自分。

本当は、ウソをついている自分。

 

こんなのがありましたが、「私にはありません」と知らない顔をする自分。

でも、いつもバレないか、ココロの中では冷汗でしたけど(^-^;)

 

DSC_5672

 

自分を受け容れるということは、
自分の嫌な部分も「ただ、ここにある」って認めること。

 

そこを認めなければ、目の前に自分の嫌な部分と同じものを持った
人や出来事が現れます!

そして、その人に腹が立ったり、
「何であの人は分からないの!」とイライラしたり、
「あの人は嫌い!」となります。

 

実は、自分にとって嫌いな人は、
「自分が受け入れてこなかった部分を見せてくれてるだけ」です。

自分が気づくように、嫌な役を買ってくれているのですよ、本当は(^-^)

特に、親(お父さん、お母さん)やパートナー、子どもが
しっかりと表現してくれています。

 

だから、「自分の嫌な部分」をちゃんと受け入れると、
目の前の嫌だった人が嫌でなくなるのですね。

「嫌な人がいなくなった!」というのは、このことなんです。

本当に不思議ですが、私は何度も何度も体験しました。

 

目の前の人は、「本当の自分」を映してくれる鏡です。

関係が近いほど、そうです(^-^)

ただ、それだけなのです。

 

「自分を受け容れる」ことは、自分の素晴らしい部分も嫌な部分も
ずるい部分もフリをしている自分も受け容れるということ。

「私は悪くない!」という、被害者意識を持っていた自分に気づくこと。

 

被害者意識を持っているのに、
「ありのままの生き方」をしている私がいたらどうでしょう?

いつも、何か嫌なことがあるごとに、誰かや環境のせいにします。

 

お母さんにこう言われたから、こんな私になった。

あの家に生まれたから、こうなった。

あの人に責められたから。

あの人に裏切られたから。

私は、かわいそうな人、不幸な人。

 

そうすると、どんな人生になるでしょうか?

考えただけで、恐くなります。

 

でも、多くの人は自分の人生を「自分が主人公で生きている」はずなのに
いつも誰かや環境のせいにしていないでしょうか?

 

すべての出来事は、自分が引き寄せています。

いいことも、良くないことも。

 

すべて、自分が「ありのままの姿」で生きるために選んできたのですね。

 

被害者意識を手放して、本当の自分を受け容れて、
「ありのままの自分」で生きていく!

そんな人生のお手伝いをしていきたいと、いつも思っています☆彡

伊藤直幸


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る