記事の詳細

子供から今にいたるまで、両親の背中を見て学んだことをルールにして生きてきました‥。

私のルールは、「愛されたい不安」、劣等感、「お金に対する不安」の3つです。

6月18日に起こした自損事故を機に、「愛されたい不安」、「お金に対する不安」、自分の中の劣等感と順に見えてきました。

見えたと言っても、39歳になる今までそうしてきた訳ですから、まだ奥は深そうです‥。

私は、これまで“劣等感”を使って「自分らしく生きたい」という前向きな方向(=アクセル)を踏みながら、「変わるな!」というブレーキを踏んでいました。

”周りから見ると(自分では)がんばっているのだけれども、全く進んでいなかったのです!”

そのことに気づいていませんでした‥。

私が「自分らしく生きたい」と思い行動をし始まると、不安が「変わるな!幸せになるのか!」と言って叫びます。

私は不安の叫びに負けて、何度も、何度も先送りを続けてきました‥。

その結果が、仕事をしていない、借金がある自分の姿なのです。

劣等感が「自分にはそんな能力がない!」、「失敗をするぞ!」、「お金をもらう価値があるのか!」と言います。

それは、誰かが私に実際に言った言葉ではなく、不安が叫んでいるのです。

豊かさに、幸せになりたいと思い、行動をし始めると「自分で、自分を疑うのです」。

自分を信じていなかったのです‥。

幸せ、豊かさには限りがありません。

それなのに私は、自らが幸せ、豊かさになることを拒んでいました‥。

ようやくそのことに気づき、不安の中を通りながら、それでも私は、『自分らしく生きること』に正直になろうとしています。

(押し付けることはしませんが)誰にでも『自分らしさを生きること』ができる事に、私の経験から気づいてもらいたいと考えているからです。

自分のような思いは、自分だけで充分だからです。

私は、自分だけでなく、家族、環境、多くの人と『愛』や喜びを分かち合いたいです。

まずは、私が幸せになることが必要です。

自分自身が変わることで、周りのあらゆるものが変わります。

自分の内側を良いもので変えようとしたときに、周りに広がっていきます。

誰もが、自分自身で、幸せに、豊かになることが出来るのです。

喜びを分かち合えるのです。

幸せになるのは悪いことではありません。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る