記事の詳細

今日も朝から、重い気分‥。

体は元気でも、心の中がすっきりしません‥。

11月14日に妻から「何がしたいのか分からない」と言われて自分らしさを表現したいことに気づき、全ては自分が蒔いた種が原因だということを書きました。

自分は逃げていた、最低な男だとも書きました。

あれから‥。

様々なことを振り返りました。

最初に勤めた会社で、「本当にがんばっていたのか」と自分に問いかけてみました。

すると、「がんばっていた」とは思えない、と感じました。

もうひとつ、お金をあいまいに扱っていた(大切にしていなかった)ことに気づきました。

貯金をせずにパチンコや様々なものを買って散財をしては借金をして、また穴埋めをしてはの繰り返し‥。

お金に対して不安に感じていたのです。

お金は「きたないものだ」、「悪いものだ」、「自分は手に入るはずがない」、「きっと上手くいくはずがない」と思い込んでいました。(今は、変わりつつあります)

そうやって、受け取ることを拒んできたのです。

私は、お金に対する不安を父の仕事振り(転職を繰り返した後、社員になったが定年まで同じだった)や、母の仕事ぶり(パート勤めを20年以上していました)、お金の使い方を無意識に学んできました。

意識的に両親から教えてもらったことも、学校で教えてもらったことも、自分から学ぼうともしませんでした‥。

それが、私のお金に対する常識となり、お金を持って豊かになろうとすると、不安が抵抗を始めます!

最初に勤めた会社で、転職をする前に自分がやっていた仕事が、今となっては居心地が良く、文句も言われることもなければやりたいように仕事ができていましたが、先にあげたように「がんばっていた」とは思えませんでした。

不安を探ろうとすると抵抗が始まり、その映像が思い出されます。

「自分はダメなんだ」、「能力がない」、「失敗したんだ」、「あのままでいれば苦労しなかったのに」、「勿体無い」と色々な思いが表れてきます。

その思い(不安)を眺めて、受け止めて、お金に対する不安について考えると、またその映像が繰り返されます。

「お前は、幸せに、豊かになるのか!」罪悪感が叫びます!

28日に「お金に対する不安」を考え始めて、探りだしてから心の中がすっきりしません。

妻に、お金に対する不安で気づいたことを話すとそのときはすっきりするのですが、また「モヤっ」とした気分になります。

過去を探ることは、自分の傷に触れるので痛みがあります。

その痛みに耐えながらも、基となっているものを見つけないと、また大きな気づきの出来事が繰り返されるだけです。

少なく見ても30年はそうしてきたのですから、かなり奥にあるようです。

気づかれるのが本当に嫌なようです。

もう少し「モヤっ」とした気分に付き合うことになりそうですが探ってみます。

そして、私のような思いをしなくてもいいようにお話ができたらと思っています。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る