記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「賢く戦う」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

これは親が子供によく言う言葉ですが、充実した人生を送るためにも役立ちます。

人生は、「小さな事を騒ぎ立てる」 か、それを 「水に流して忘れる」 か、という選択だらけです。

戦う対象を賢く選べば、「本当に大切な戦い」 に勝てるようになります。

確かに相手と口論したり、対決したり、自分の信念のために戦うべきときもあります。

しかし、多くの人は、取るに足らないことをめぐって戦い、人生を 「つまらない戦い」 の連続にしてしまいます。

そうなると人生は、欲求不満の塊になり、「本当に大切なこと」 を見失います。

意識しようとしまいと、すべて自分に都合のいいように持っていくのが目的だとしたら、あなたの計画にはほんの小さな邪魔が入っても、大問題にして騒いでしまうでしょう。

「人生は思い通りにはいかないもの」、「他人はあなたの都合通りに動いてはくれないもの」、これは真実です。

あなたに反論する人、あなたと違うやり方をする人、いくらやっても上手くいかないことは人生にはつきものです。

この基本線に刃向かおうとすると、人生の大半を戦って過ごすことになります。

もっと平和に人生を送るには、戦いがいのある対象をきちんと見極めるしかありません。

すべてを完璧に成し遂げるのではなく、ストレスの少ない生き方をするのが目標だとしたら、「ほとんどの戦いは穏やかな気分を吹き飛ばすものでしかない」 と気づくでしょう。

夫または妻に、「悪いのはそっちだ!」 と言い募るのがそんなに重要なことでしょうか?

相手の 「ちょっとした失敗」 をあげつらうことが重要なことでしょうか?

どこのレストランにするか、どの映画を見るか、ということが重要なことでしょうか?

あなたの隣人が道路の別の場所に駐車しようとしないことが、家族で議論されるべきことでしょうか?

多くの人が 「戦う人生」 を送る種は、こんなことを含めて無限にあります。

自分の 「戦うリスト」 を見てみましょう。

それがかつての私のようであれば、戦う優先順位を変えたいと思うかもしれません。

小さなことにくよくよしたくなければ、戦いを賢く選ぶのが先決です。

そうすれば、戦う必要をまるで感じなくなる日がきっとやってきます。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

このブログが、

あなたにとって気づきとなれば嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る