記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「人生は、ただのテストにすぎない」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

人生と様々な挑戦を、テストまたはテストの連続と見なせば、直面する問題の一つひとつが自分を成長させ、パンチに対して柔軟に身をかわす 「コツ」 をつかむチャンスだと、思えるようになります。

問題や責任、越えられそうにもないハードルの山にぶち当たっても、それをテストと思えば、乗り越えられるチャンスはつねにあります。

逆に、一つひとつの問題を、「生き残るためには、是が非でも勝たなければならない戦い」 だと見なすと、人生の旅はかなり険しいものになるでしょう。

すべてをきちんとやり遂げたときしか 「幸せ」 を感じられないからです。

そうなることは、めったにありません。

「人生はテスト」 だという考え方を、目先の問題に応用してみましょう。

例えば、難しい年頃の子どもか要求のきつい上司がいるとします。

これを 「問題視」 する代わりに、テストだと考えてみます。

やっきになって解決しようとせず、「そこから、何か学べるかどうか」 を考えてみましょう。

「なぜ、これが私の人生に起きたのだろうか?」

「これは私の人生にとって、どんな意味があるのだろうか?」

「これを乗り越えるためには、何をどうすればいいのか?」

「これを何らかのテストと見なせないものか?」、と自分に問いかけてみます。

この戦略を試してみれば、自分の反応の変化に驚くはずです。

例えば、私は、「忙しくて時間が足りないという問題」 を解決しようと必死になっていました。

何もかもやり遂げようとしてじたばたし、上手くいかないと自分のスケジュールや家族、環境、そのほかすべてのせいにしていました。

あるとき、気づきました。

自分が 「幸せ」 になりたければ、時間をつくり出そうとやきもきするかわりに、「何もかもやり遂げなければならない」 という考え方を見直してもいいんじゃないか、と。

言いかえると、これを 「テストだと見なすこと」 が自分に課せられた挑戦でした。

これを 「テストと見なすこと」 で、私は自分の最大の欲求不満をなだめることができるようになりました。

今でも、時間が足りなくてじたばたすることはありますが、以前に比べればかなり減りました。

あるがままの現実を受け容れる方が、私にとってはるかに簡単なことです。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

このブログが、

あなたにとって気づきとなれば嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る