記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「良い聞き手になる」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「良い聞き手」 とは、相手の話を途中でさえぎる癖を持たないだけではありません。

自分の番がくるのをイライラと待つのではなく、相手が言いたいことをすっかり話し終えるまで満足して聞き手にまわるということです。

ある意味、相手の話が上手く聞けないというのは、私たちの生き方を象徴しています。

私たちは、コミュニケーションを 「一種のレース」 のように捉えがちです。

「相手の話が終わると同時に話し出す」 という、時間競争が目標になっているかのようです。

家族で夕食を食べに出かけたとき、周りのお客さんたちの会話を耳にしました。

誰も、相手の話など聞いていません。

「相手の話を聞かない競争」 が繰り広げられていました。

妻に、「私も同じことをしていないかな」 と聞いてみました。

すると妻は、「ほんの少しだけど」 と言いました。

反応する速度を緩めて相手の話をじっくり聞くと、もっと 「穏やかな人」 になれます。

それは、プレッシャーから解放されるからです。

目の前の相手(電話の相手でも)が何を言うのだろうか、それにどう応じようかとジリジリ待つのは、とてもエネルギーが必要で、ストレスも溜まることに気づくことでしょう。

でも、相手の話を終りまでじっくり聞いていると、そのプレッシャーが消えることに気づきます。

たちまち気分がリラックスし、その気分は相手に伝染します。

相手もあなたと時間競争する必要はないんだと感じて、ゆったりします。

「良い聞き手」 になると、忍耐強い人になれるだけではなく、人間関係の質も向上させられます。

みんな、自分の話をちゃんと聞いてくれる人と話をしたがるものです。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

このブログが、

あなたにとって気づきとなれば嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る