記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

よりよい
「生き方」について
語っている人がよく
口にする言葉に、

「今の現状を受け入れ、
 今が幸せである
 と感じましょう」

というものがあります。

 

以前の私は、
この言葉が
納得も、
共感も、
出来ませんでした。

 

そのときの私は、
足りないところだらけ、
不満だらけの人生で、
自分のことが好きでもない、
でしたから、

そもそも、
「幸せである」と
感じることが
出来るはずが

ありませんでした。

 

それに、
「今が幸せである」なんて、
本気で思って、
受け入れてしまったら、

今に満足をして
成長する努力を
捨ててしまいかねない、
と思っていました。

 

そのときの自分の周りは、

「今が良ければいい」
と言いながら、
たいして恵まれてもいないし、
評価されても
いない
現状を知りつつ、

成長する努力をろくにせず、
日々を
刹那的に生きている人が
少なくありませんでした。

 

そういう人を見ると、
私は苛立ちを感じて、

「あぁいう人には
 なりたくないもんだ」
と思って、
その人たちと
壁を作っていたのです。

 

そして、
自分の現状が
「満足のいくものではない」
と思って、
現状を受け入れず、
「今が幸せ」であるとも

感じることなく、
「今を変えるための努力」を
続けて来ました。

 

確かにこの努力は、
自分のいくつかの能力を
断片的に向上させる
事に
貢献してくれました。

 

しかし、
いくら現状否定をし続けて
いくら努力をしても、

事態が好転するどころか、
どんどん泥沼にはまっていって

奈落の底にどんどん
落ちていったんですよね。

 

そして、
そうやって、
自分が落ちるほど、
あがくように
現状を否定し、
「このままじゃいけない」
と思って頑張る
のですが、

その行為は、
かえって落下のスピードを
上げるだけでした。

 

そんな状態が1年近く続き、
「もう、どうにもならなく
 なってしまった」

と感じたとき、

ようやく私は、
「このまま、
 同じ事をやっていても、
 事態は解決出来ない」
と思い至るようになったのです。

 

そして、
「ここは、一旦、
 現状を受け入れよう」
と覚悟を決めたのです。

 

このときに、
色んな気持ちに変化が生まれ、
「今の現状を受け入れ、
 今が幸せであると感じましょう」
という言葉の意味が、
ほんの少しだけ
見えてきたんです。

 

7a7947909c11e4cb2b5b66e8fc7305e4

 

「一体、何が見えたのか」

 

以前の私は、
「こんな考え方をしていたら、
 成長できない」

と思って、
今の現状や自分自身を
受け入れませんでした。

 

しかし、
実際には、
この「受け入れがたい現状や
自分自身」を受け入れてみると、

自分の何が間違っていて、
何が至らなかったのかが、
はっきりと
見えてきたのです。

 

つまり、
「このままの自分ではいけない」
と考えて、
向上心を
持って
「現状を否定していた」
つもりだったんですが、

実は、
現状を否定するフリをしながら、
【自分自身の醜さ】に
直面することを避けていた、

もっと厳しく言うなら、
【自分が最低だと
 思い込んでいる部分】から
見て見ぬ振りをして、
逃げていただけ、
だったんですよね。

 

積み上げる努力もせず、
小手先のテクニックだけで、

一発逆転を狙い続けて
空振りばかりしていたこと。

 

何をやっても
すぐに投げ出してしまい、
中途半端のまま、

ほったらかしにしたものが
たくさんあること。

 

悪いのは、
自分よりも
まず、周りや人のせいにして、

言い訳ばかりをし続けながら、
責任から逃げてきたこと。

 

その他、
ありとあらゆる、
自分の醜いところを、
現状を
受け入れることによって、
直視せざるを
得なくなったんです。

 

これは、
正直な気持ち、
厳しかった。

 

でも、
今のこの事態を招いているのは
自分自身なのだから、

これは、
受け入れなければいけない訳です。

 

受け入れさえしてしまえば、
後は、この「至らない」と
思っている(信じ込んでいる)

行動や考え方を
変えていけばいい、
だけのこと。

 

もう、
落ちるところまで
落ちてしまったら、
「焦ってみても、
 どうしようも無い」

「今の自分が出来る事に、
 ひとつずつ取り組んで行こう」

 

そう思って、
コツコツ取り組んで
いったんです。

 

そして、
今になって、
「自分の醜さを
 受け入れられて良かった」
と、
心から思うとともに、

「自分の醜さを
 受け入れられたのは、
 ここまで状況が

 追い込まれたからこそだから」と思い、

39歳のとき(今から5年前)に、
このことに気づけたことに、

感謝をするとともに、
自分で気づけたことを
幸せに
思ったんです。

 

と言っても、
このときはまだ、
「今の現状を受け入れ、
 今が幸せであると
 感じましょう」

という考え方が
ちゃんと理解出来ていた
訳ではありませんでした。

 

だから、
普段は現状否定をしたり、

「今を幸せ」になんか
感じないで過ごしていました。

 

でもその後、
また、いくつかの
人生の山場を迎えて
行き詰まった
ときには、

あのときと同じように、
現状を受け入れ、
【醜い
自分】と
向き合ってきました。

 

そして、
その度に新たな気づきを得て、
事態を改善する施策を見つけ、

それに感謝していく、
ということを
繰り返していったのです。

 

そんな経験を、
何度も繰り返していくうちに、

【現状を受け入れて、
 幸せを感じる】
という事が出来たとき、

次のステージに
進める
ということが、
なんとなくでも
分かってきたんですよね。

 

ですから、
もし、あなたが、
現状に問題や不満を
抱え続けていながらも、

その状態が変わらずに
いるのであれば、

一旦、
その現状を、
自分ごととして、
きちんと
受け入れてみましょう。

 

今までの考え方からは
出てこなかったような、
事態を改善する

具体的な一歩が、
見えてくるかもしれませんよ。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る