記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

今回は、「自分をけなさないこと」 をテーマに、お話をしていきます。

最後まで、宜しくお願いします。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

自分に向かって自分のことを話すときは、常に “プラス” の言葉を使いましょう。

自己批判に陥っているときは、それがどんな理由であれ、すぐに止めて下さい。

人は、完璧ではありません‥。

それを問題視しても、何の役にも立ちません。

「自分はなんてバカなんだ!」

「ダメな人間だ」

「頭が悪い」

「こんな程度しかできない」 と、考えたり口に出して言ったりするのは、絶対に止めるべきです。

「太っている」

「スタイルが悪い」

「顔が良くない」 といった言葉も、捨ててしまいましょう。

自分をけなすことは、自分の短所ばかりを強調し、自分の長所を無視することになります。

あなたには全く責任が無くても、あなたを責めてくる人は、世の中にたくさんいます。

あなたまで一緒になって、自分を責める必要はありません。

自分自身は、世界一大切な味方(友人)です。

自分に “プラスの言葉” をかければ、セルフイメージが高まります。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る