記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、本当にありがとうございます。

今回は、私と両親との出来事についてお話します。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

私には、78歳の母親と、76歳の父親がいます。

母は、去年の12月半ばから、腰椎圧迫骨折が原因(後に、慢性化していた気管支肺炎も分かりました)で入院をしています。

症状が治まってきた(気管支肺炎は慢性化しているので、完全には治りませんが)のと、介護保険を使って、自宅での受け入れ態勢に目途が立ち、3月28日に退院することが決まりました。

母も入院生活が3ヶ月にも長引くとは思っておらず、2月頃からしきりに「帰りたい、帰りたい!」と、父、私、病院の職員さんに話していました。

私は、腰のヘルニアで入院をしたので、母の気持ちは痛いほど分かります。

「一刻も早く、家に帰してあげたい」、「出来ることなら、すぐにでも退院させたい」気持ちがありました。

その一方で、「自宅での受け入れ態勢を整えてから、家に帰らせてあげたい」という気持ちもありました。

帰っても、父親の手でもできないことがあり、何かあると「寝たきり」になってしまうのでは、と思ったからです。

それに、腰椎圧迫骨折と、長い入院生活で弱くなってきた足腰も気になります。

肺炎の治療と平行して、足腰のリハビリを続けていました。

しかし、肺炎の症状が悪くなるとリハビリは取り止めになる、ということを数回繰り返しました。

お腹が痛くなったときは、腹膜炎の可能性を疑い、緊急手術も受けました。

そんなこともありましたが、3ヶ月に渡る入院生活が終わろうとしています。

何と言っても、母親は「ホッ」としているでしょうし、毎日病院に通っていた父にとっても嬉しいことです。

「早く帰りたい!」という母を説得するときは、何とも複雑な思いもありましたが、ここまでがんばってきた両親は、偉いと思います。

そんな私へ、気づきのメッセージがありました。

いつも読んでいるメルマガに「(自分の心の)ブレーキを外す方法」について書かれていました。

その中では、自分がやりたいことに対して、「失敗したらどうしよう」、「リスクを取りたくない‥」と言った、心のブレーキを外すには、「親との和解」が必要だということが書かれていました。

(書くと長くなるので、省略しますが)私の価値観、考え方、自分に対する限界、思い込み、人生での選択、自分が数々選択してきたことは、親の影響を最も強く受けています。

親から受けた影響を自分の信念として思い込み、無意識に親と同じようにしながら、今の自分の人生に繋がっていることを理解しました。

私はこれまで、人生を曖昧にして生きてきたこと、自分と向き合わなかったこと、転職を繰り返していること、借金を作った経験があります。

そして、自分の人生を通じて「自分らしさ」を表現し、多くの人に気づいてもらうことがテーマであることも知りました。

それからは、「自分らしさ」を表現して生きていくことに、私の心の中にある不安が叫び、抵抗を続けています。

それは、私が心から「両親」のことを受け入れてこなかった、素晴らしい存在であることを認めてこなかったことが「心のブレーキ」になっていたからです。(※自分の価値観 → 親の影響を受けている → 親を認める → 自分の価値観を認める → 心のブレーキが外れる)

不思議なことに、自分の選択肢は進むしかなくなり、覚悟を決めたときに母の退院が進み出し、「両親との和解のとき」が来ていることを感じました。

これまでの出来事、経験、一つひとつに意味があり、私の中でいくつも切れていた線が、一本の線となって繋がりました。

『人生のジグソーパズル』がはまり出したと、受け止めています。

退院の日、両親に感謝の手紙を渡そうと書いています。

両親の息子として生まれて来たことは「誇り」です。

両親の下で育ち、私に多くの「価値観」を与えてくれたことに感謝します。

本当に、心から両親の息子として生まれたことが嬉しいです。

『ありがとう』

これからは、「自分らしさ」を表現して、多くの人と喜びを分かち合うこと、豊かになること、幸せになった姿を見せることが、私からの親孝行だと思っています。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る