記事の詳細

日本人は、基本的に優しい人種だと言われています。

色々な理由がありますが、儒教や道徳の影響を多く受けてきたこともその一つだと思います。

 

   ★

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

 

人情(共感)もそうです。

愛、思いやり、慈悲など人間の持つ心の動きを指します。

他人への気遣いのことも言います。

 

友人が辛い状況におかれているときに、どうやったら居心地がよくなるか考えることなどが、具体的な例でしょうか。

人情は、日本社会でよい人間関係の基盤となっています。

 

その他には、本音と建前、遠慮、がんばること、謙虚、恥、恩、調和を保つこと。

自分を重んじることより、周りの人を立てることが大事と、私たちは親や学校で学んできました。

 

もちろん、大切なことですが、「じゃぁ、それを守っていたら幸せなのか?」とは言えないと思うのです。

 

周りを大切にするから、自分は幸せになれる。

そんな思想が根底にあるからです。

 

「本当にそうなんでしょうか?」

 

自分に優しくする前に、周りの人を優しくしなさい。

 

そうやって学んだのに、そうやって行動しているのに誰も優しくしてくれない。

それなのに、もっと優しくしないからダメだと言われる、、、

 

だから、自分には優しくしないでいる。

 

自分に優しくすることは、ある意味「悪い」と思い込まされているので、自分に優しくすることなんてできないし、自分に優しくするって、どういう意味かも分からない。

 

親や学校の先生に聞いても、きっと分からないし、答えてくれない。

だって、自分に優しくしてこなかったし、教えてもらっていないから。

 

「自分に優しくすること」を私たちはしなくてはいけない。

自分が幸せになるために、周りの人を幸せにするためにも、、、

 

resize

 

自分に優しくするって、意外とカンタンなんですよ。

 

「自分を認めること」

これだけなんです。

 

今の自分

自分の気持ち

 

行動

これまで選んできたこと

 

すべてが正しい、OKなんです。

 

みんな、周りに優しくすることはできても、自分に優しくすることができない。

 

いいじゃないですか。

てきても、できていなくても。

 

周りの人は、「~でなければいけない」「こうあらねばならない」って言うけれど、その通りにして本当に幸せなんだろうかって、、、

もっと、自分のココロ、ハートに浮かんだ気持ちを大事にしてもいいんです。

 

自分を大事にしたら「周りはどうなるのって?」って言うけれど、自分を大事にしていない、自分を優しくしていないのに
周りの人に優しくも幸せにすることもそもそも難しい。

いっそのこと、周りに優しくすることを止めたらいいんですよ。

 

そもそも優しくすることなんて出来ないんだから、そんなフリをしなければいい。

フリをしているから苦しいんですよ。

 

周りの人に優しくすることの裏で、自分を苦しめているんです。

自分で自分をいじめているんです。

 

だから、周りに優しくすることを止めて、徹底的に自分に優しくしたらいい。

 

自分に優しくできたら、周りに優しくすることなんて自然にできるんです。

自分に優しくするとは、そういうことなんです(^-^)

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る