記事の詳細

がんばらなくても幸せになれる生き方【現代版・うさぎとかめのお話】

なぜか知らないけれど、
『がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』をテーマに
ゆる~くお話しています。

 ↓
がんばらなくても幸せになれる生き方
【現代版・うさぎとかめのお話】

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

親に対して、
わだかまりを持っていると、
親が悪者みたいに感じます。

 

親に、
「あのとき、こうしてほしかった」と
素直に言えたらいいんですけどね。

 

でも、言えなかった。

 

いや、「言わなかった」
と思います。

 

私も、
一人息子の親になってみて思いました。

 

私を育てているときは、
親なりに「精一杯だった」んだと。

 

みんな、
未熟なままで育てるのです。

 

「親から見た自分」ではなくて、

「自分で自分を育てていい」と
分かったなら、
「言わなくていい」
と思いますよね。

 

でも、

過去に戻って
やり直せないものを
今頃になって言われても、
「どうしていいのか分からない」
と思いますよね。

 

親に言う人は、
「親に、どうして欲しい」
と思って言うのか?

 

親に謝ってもらって、
分かってもらえて?

 

そうじゃなくて、
親に「言いたいから言う」だけ。

 

「親に謝って」とか、
「やり直せ」とかでもない。

 

親が未熟で、
精一杯だったなんてことは
とっくに分かってる。

 

ちゃんと、見てたから。

 

親に、
「言う」「言わない」は

もちろん個人の勝手だけど、

「ちゃんと責めないと、
 ずっと自分を責め続ける」って、
言うこと。

 

無理やり、
自分を
納得させようとしてしまう。

 

本当の自分の気持ちを
ごまかすことになる。

 

だから、
「自分の幸せのために」
言うんだよ。

 

detail1_04eb86f7-e17b-4aa9-a1f1-b7855cce3e3f

 

そしたらね、
こんな感じになる。

 

【親を責めてもいい】って
ことが分かる!

 

全部は言えないのかも
しれないけど、
今、思ってたことが言える。

 

子どものときに見てたこと。

 

例えば、
お母さんとお父さんがケンカして、
「お母さんがかわいそう」と思って、
自分が我慢していたこと。

 

お母さんが
どう反応するかは
(個人差があるから)
分からないけど、

優しく聞いてくれて、
「あなたがそうしてくれていたから
 家族の雰囲気は保たれてた」
と言ってくれる、
かもしれない。

 

すっきりした気がする。

 

つっかえていたものが、
取れていく。

 

「言うって」大事。

 

自分の気持ちを、
引っ込めなかったから。

 

言うことで、

どんな効果がある、とか
損得をいちいち考えず、
「ちゃんと、言葉にして言う」

 

言葉って、
その人の思いが
こもっているから、

「言葉にして言えると、
 自分が癒える」ようになる。

 

これを、やった。

 

親に言った、
そんな自分を
褒めて」あげて。

 

自分の幸せのためにね。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

● 記事のリブログ、シェア、転送、転載はご自由に

● メッセージやコメントは、記事で紹介することがあります。

 

● 質問はこちらまで
http://ameblo.jp/jibunrashisa-tankenka/entry-12249893291.html

 

● 1日5分。これだけで、あなたを「幸せな人」に変えてみせます♪
メルマガ【幸せレシピ】http://www.reservestock.jp/subscribe/65364
「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ

メルマガ【幸せレシピ】の購読申し込みはこちら

 

● 電子書籍を出しています
伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る