記事の詳細

 

私たちは「お金」をネガティブに見ているようです。

だから、お金が手に入っていないのかもしれません。

 

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

フリ」を止めれば、幸せはカンタン!
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

 

お金を良いように見られないのは、おそらくは「親からの影響」だと思います。

「お金は汚い」とか。

 

本当は、価値と価値を交換するためのツール(役割)として「お金」が存在するから、私たちは、物々交換から解放されたのです。

 

例えば、電池を作る会社で働いていたとしましょうか。

でも、30万円のお給料を電池で支給されても困ります。

 

モノを買うたびに電池をたくさん持っていって、この電池の価値はいくらだから、この商品と交換できる。

そんなことしていたら、面倒どころじゃないですよね。

 

お金があるから、スムーズに価値やサービスと交換することが可能な訳です。

 

これが狩猟生活だったら、大物を獲った後はしばらく休めるかもしれませんが、獲物がなければ、ずっと探さないといけないのです。

 

お金がもたらしてくれた恩恵を私たちは今、受けている訳です。

だから、海で漁をしなくても海の幸を食べることができて、畑で作物を育てなくても、野菜を食べることができる。

それは、世の中に与えた価値を貯めておく、置いていることができるお金のお陰で、今回使うことができるのです。

 

お金に対して罪悪感がある人は、お金を使うことは「ムダ」や「贅沢」と思うのかもしれません。

でも、私が社会に与えた価値で受け取るのがお金だと知っていたら、胸を張れると思うのです。

 

仕事をさぼって得た給料だったり、何もしてないのにもらったお金を使うと「贅沢」になるのかもしれません。

つまり、お金を稼ぐこと、価値を与えたことに「誇り」を持っていたら、お金を使うことは「贅沢」にはならなくて、「お金を得ることに後ろめたさ」があるなら、お金を使うことに「罪悪感」を覚えるのかもしれません。

 

お金を使うことに「罪悪感」があるから、お金を使っている人に対して「贅沢」って言ってみたり。

それらの思考の源には、お金は誰かに価値を与えた対価だから、胸を張っていいということを考えたことがないのかもしれません。

 

money3

 

お金を使うことは、すべて自分の判断だから、それを活かすことも殺すことも自分次第です。

何かにお金を使ったということを否定すれば、それは自分を否定することになる訳です。

 

お金を使うときに出る言葉って、その人が「どんな意識でお金と接しているか?」が出てきます。 

そして、その「意識」が磁石となって世の中の現象を引き寄せるわけだから、お金に困っているのは「お金とは何か?」から見直さないと、いつまでもお金に対してありのままに見ることができないのです。

 

お金を否定しない考え方になってないと、「お金の流れ」から外れるということです。

あなたは、「お金」をどう思っていますか?

伊藤直幸

 

★「ありのままに生きる」個人セッション
フリ」を止めれば、幸せはカンタンです!
詳しくは、こちらをご覧になってください↓
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1573

 

WP-トピックバナーw300動画2
★「やりたいこと発見セミナー」を
ご自宅で何度でも体験できます★
詳しい内容は、コチラから↓

http://itou-naoyuki.jp/seminar/diamond-movie/


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る