記事の詳細

今日(12月23日)の朝5時半頃に目が覚めました。

それから、ふとんの中でしばらく考えていました‥。

新しく営業の仕事を始めてから1週間が過ぎ、一番最初に勤めた居心地が良かった会社との比較(映像)が自分の中で起こり始めました‥。

散歩に出て、新しい会社の課長に言われた「がんばらなくてはあかん。誰のためでもない、自分のため、家族のために、今がんばらなくてどうするのだ」と言われたことを思い出しました。

私の中に、まだ逃げようとしている部分があります‥。

自損事故を起こした6月18日からつけている「気づきのノート」を振り返ると、本気に取り組んでいない自分の姿が見えてきました‥。

自損事故を起こす前の今年初め、物損事故を起こしました‥。

車をバックさせていたとき、後ろのバンパーにポールを当て少し傷がつきました。

営業所の所長から「今度で4回目か、今度はない。石にかじりついてでもがんばれ」と言われました。

新しく入った会社の社長、課長からも同じ言葉(意味)を言われました‥。

“気づいているようで、気づいていないのです”

「気づきのノート」には、“とりあえずやってみる”と書いてありました‥。

“とりあえず”ということは、本気ではないのです‥。

まだ、どこかで余裕があると思い違いをしています。

私には「愛されたい不安」があります。

人に言われたこと(言葉)で傷づくのが怖く、よそよそしさを使っては自分以外の人から「愛」を得て満足していました。(自分以外の人から愛を奪っていました)

そうすることで、自分が生きていくことを曖昧にし、自分の人生に責任を取ろうとしていませんでした‥。

12月1日両親に、父、母自身が生まれてから、いままでのルーツを聞きました。

そのときに母は腰痛を訴えていましたが、私は母の姿をよく見ていませんでした。

(結果論になりますが)母の具合をもっとよく見て、感じて、早く病院へ連れて行けば、肺炎の症状は違っていた(軽かった)のではと思いました。

12月14日新しい会社の契約に行く時間が予定よりも早くなったことで、実家に用事ができ、足を運ぶことになりました。

結果、母を病院へ連れて行くことができ、入院しました。

私は、運が良かっただけかも知れません。

気づくことができたことに感謝します。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る