記事の詳細

がんばらなくても幸せになれる生き方【現代版・うさぎとかめのお話】

なぜか知らないけれど、
『がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』をテーマに
ゆる~くお話しています。

 ↓
がんばらなくても幸せになれる生き方
【現代版・うさぎとかめのお話】

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

1+1=2

であることは、
小学1年のときに習うから
知っているけど、

なぜ、
1+1=2になるのか、
説明ができますか?

 

僕は、
説明ができません(笑)

 

実はこれ、
大学の数学科で
勉強する内容だとか、、、

 

さらに、
この証明の方法も
どうやらいろいろと
あるらしくて。

 

別に、分からなくても
いいんだけど。

 

でも、
小学1年のときに、

1+1が
どうして2になるのかが

理解できなくて、

勉強につまづいてしまって、
強迫神経症になった方の
お話があります。

 

小学生の頃『1+1』で強迫神経症に
そんな時、医師のひと言が心を救った
http://grapee.jp/308053

 

病院の先生の一言で、

「間違ってもいい」
「忘れてもいい」
と知って、
助けられたそうです。

 

その、ゆるさが、
大切だったのでしょうね。

 

強迫神経症の人は、
無意識のうちに、
「やらなきゃ」という
強迫観念に襲われています。

 

そして、
私たちも、
「当たり前だと思っていること」って、

そう思ってるだけで、

「実は、分かっていない」
ということ。

 

子どもの感覚って、
それを、ちゃんと、
「わからない」って、
捉えることができるのです。

 

子どもの頃って、
真っ白な状態で、

そこに親や先生から、
色んな常識や習慣に
染められていく。

 

色んな経験や勉強を経て、
だんだんと
自分のものさしである
「価値観」ができ上がって、

そのものさしで、
出来事を判断するけど、

それって、
「危ないこと」だと思う。

 

 

世の中のことって、

「分かったつもり」のことや、
「当たり前」だと
思っていることって、

全然当たり前だったり、
普通だったりしない。

 

自分が持っている
「当たり前」や「普通」、
「常識」というものから、

一度離れて考えてみるって、
大事だと思う。

 

だって、
1+1=2も、
よく分かっていないのだし。

 

でも、
数学的な証明や
科学的な理由を知らなくても
生きていける。

 

だから、
細かいことに
こだわらなくてもいい。

 

色んなことを間違っても、
忘れても良くて、

「私って、幸せ」って、
思えることのほうが
ずっと大事なんだよ。

 

幸せになるには、
「まぁ、いいか」ぐらいが、
ちょうどいいんだよ。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

● 記事のリブログ、シェア、転送、転載はご自由に

● メッセージやコメントは、記事で紹介することがあります。

 

● 質問はこちらまで
http://ameblo.jp/jibunrashisa-tankenka/entry-12249893291.html

 

● 1日5分。これだけで、あなたを「幸せな人」に変えてみせます♪
メルマガ【幸せレシピ】http://www.reservestock.jp/subscribe/65364
「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ

メルマガ【幸せレシピ】の購読申し込みはこちら

 

● 電子書籍を出しています
伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る