記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

「勇気が出せなくて困っているんです」

 

「勇気が出せれば、
 何でも上手くいくはずです」と。

「それが出せないら、
 心理学で何とかして欲しいです」

 

「えっ(・_・)」

 

人が幸せに変わるときって、
やっぱり「勇気」がいるんです

 

「勇気」って、
一言で言うと

「失う覚悟」

「損をしてもいい」と
認めることです。

 

僕がやっていることは、
心理学でも、
スピリチュアルでも
ありません。

 

昔は、
心理学やスピリチュアルを使って、

「人を何とか幸せにしよう」なんて、
そうやって認めてもらうことも
考えていましたが、

 

今は、
そういうものが必要ない、
ということを実感しています。

 

それは、
心理学やスピリチュアルといった、
そういう技術そのものが
悪いわけではなく、

そもそもの
「基礎」が腐ったままで、

その上に、
いくら素晴らしい
材料を使っても
立派な家は建たない、
ということ。

 

逆に、
そういうものがなくても

「基礎(大前提=信じこみ)」が
変わるだけで
人生は激変するということ。

 

「基礎」が歪んだり、
腐っているのは、

「ただの、勘違い」です。

 

大抵は、
子どものときに
「間違って信じこんでしまった」こと。

 

それは、
「正しいことだ」と
信じこんでしまっただけ。

 

それが、
今の自分にとって、
上手くいっていないだけ。

 

だから、
その勘違いという、
幻想や悪夢は、

そこに突っ込まないと
覚めません。

 

つまり、

【怖くなくなってから進む】
のではなく、

【怖いままでも進む】
という体験をすることで、

「怖い」というのは、
実は幻想だった、
ということを知るのです。

 

「お化けだ!」と
信じていたものが、

【怖いままでも見る】ことで、
実はお化けはいなかった、
ということを知るのです

 

すると、
また「怖い」ことがきたときも、

「これは、幻想だから
 進んでもいい」という
知恵に変わる。

 

だから、
「怖い(恐れ、不安)」を、

心理学やスピリチュアルで
解消してしまっては
いけないのです。

 

「怖さ」を和らげるのには
効果的ですよね。

 

僕は、自分がやってきた、
生きてきた軌跡を

知ってもらうために、
ありのままに書いています。

 

この仕事をやってきて
学んだことは、

心理学の技術は
あまり必要がないということ。

 

役に立たない、
ということではないです。

 

なぜなら、
いつまでもそれに
頼っていてはいけないと
気づいたから。

 

そんなことよりも、
幸せをつかむために
「勇気」を出すための、

「自分は、何があっても大丈夫」

「問題が起きても、大丈夫」

 

傷ついても、

失っても、

損しても、

傷つかないし、

失わないし、

損をしないんだ、

ということを
「知る」だけ。

 

だから、
もっと心を緩めて、

がんばらなくても、

怖がらなくてもいい、
ということ。

 

そして、
それを知るためには、

傷ついて、

失って、

損する覚悟で
飛び出すこと
を、

 

どこかのタイミングで、

頭で考えた理論ではなく、

自らが「体験すること」でしか、
本当の意味で
理解したことには
ならないのです。

 

素晴しい言葉で、

心に響く言葉で、

感動させられる言葉で
書かれたメッセージを、

100回、
1000回読むことで
頭で理解したことよりも、

 

1度でも、
自らが体験したことの方が、
本当の意味で
理解したことになるのです。

 

それを体験すると、

傷ついても、傷つかない。

失っても、ちゃんとある。

損しても、損をしない。

むしろ、得をする。

ということが
自分の体でわかる、
腑に落ちる。

 

人は、
勇気を出した瞬間に成長します。

 

成長とは、
許すことです。

 

「これはいけない」という
未体験の場所(タブー)に飛び込み、

「これでもいいんだ」という
許可の世界を知る。

 

友達から、恋人になる「瞬間」

初めて手をつなぐ「瞬間」

恋人から、婚約者になる「瞬間」

 

会社を辞めるという「決断」

独立をするという「決断」

 

家を離れるという「決断」

離婚するという「決断」

子供を作るという「決断」

 

それぞれ、
ものすごいリスクを伴うわけです。

 

恋人になりたくて
初めて手をつなぐ瞬間、
手を伸ばしたら、

「そんなつもりじゃないのに、、、」

とか言われて、
微妙な空気になるリスク、
ですよね。

 

みんな、
人生の分岐点で、

小さく、
大きく、
「決断」をしているのです。

 

「えい!」と。

 

勇気を出して、
飛びこんでみるのです。

 

それ以外、無いです。

 

人の数だけ「決断」がある。

 

「失ってもいい」という、
「断つことを決めた瞬間」
ですよね。

 

「覚悟」とも、いいます。

 

心理学でも、
スピリチュアルでもないんです。

 

ただの、
「勇気」です。

勇気を出して、
「初めて」の体験をいっぱいしよう。

 

勇気を出して、
「自分の幸せ」を
いっぱい、
いっぱいつかもう。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る