記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

あなたが異性なら、
あなたと結婚したいですか?

 

あなたは、
なんて答えるでしょう?

 

僕は、
「やめとく」
答えると思います^^;

 

僕は、
子どもの頃は
自分のことが
たぶん好きでした。

 

そんなことは、
考えていなかったと
思いますが、、、

 

でも、
いつの間にかそれが逆転して、

自分は価値がない、
こんな人間だから、

いい人になって、
好かれるようにしないと、と
がんばるようになりました。

 

色々と
がんばった
はずなのに、
なんか、
好かれませんでした。

 

だから、
自分に自信がなかった。

 

何かができるわけでもないし、

何かが得意なわけでもなく、

能力や容姿にも、
性格的にも、
ダメダメでした(T_T)

 

だから、
がんばって結果を残せば、

認められるんじゃないか、

愛されるんじゃないか、って
がんばり続けました。

 

でもね、ダメでした。

本当にダメ(笑)

 

で、あるとき、

「こんなにがんばっても、
 ここまでしかなれないのなら、

 がんばることに
 意味があるんだろうか?」

 

「がんばってここまでなら、
 がんばらなかったら、
 どうなるんだろうか?」

 

「がんばっても、
 認められない、
 好かれないなら、

 がんばらなかったら、
 どうなるんだろうか?」

 

「今まで、
 がんばってきたことを

 止めたらどうなるんだろうか?」

 

と、ふと思って、
ここはがんばって、
あえてやめてみたら、

好かれるようになって、
認められるようになった、
のです。

 

世の中が言う、
結果といわれるものも、

出るようになったのです。

 

「こんな自分でいいんだ」

「ありのままの自分でも
 愛されるんだ」

「何も出来なくても
 自信を持っていいんだ」

に、なれたわけです。

 

でもね、
そうなれた今の自分でも、
「自分のことが大好きなんです!」って、
言えません。

 

そうなんですよ、実は^^;

 

自分の姿、
カタチ(体)、

入れもの(自分の心の広さ)、
性格も
好きではありません。

 

「最高!」では
ないってことで、

やっと、
「自分を嫌いだと思うこと」は止めた、
ということです。

 

こんな僕でも、

「それがいい」って
言ってくれる人がいるなら

「それで、イイ!」って、
ことにしようと、

やっとこさ、
受け容れられるように
なれたのです。

 

「これが、最高!」
ではなく、

「まぁ、これでいいか」と、
やっと自分を許せるようになった。

そんな感じでしょうか。

 

だから、
「俺は最高!」と
口に出しては、
まだ言えません。

 

僕の中で、
「ダメだなー」と
思ってきたことが、

「自分は、喋れない」

「自分は、人を楽しませられない」

「自分は、人付き合いが下手」
ということです。

 

だから、一時は

「喋れるように」

「人を楽しませられるように」

「人付き合いが上手くいくように」
がんばったりもしましたが、
やっぱりダメでした。

 

そんな自分だから、

「僕といると楽しいよ」

「僕と遊びに行こう」
なんて言える自信もない。

 

ナンパとか、
女性に積極的に
話しかけることも
したことがないです。

 

そんな、自信のある人を見ると
「うらやましいなー」と
思っていました。

 

だから、
自分の遊びや
自分の「楽しい」という感覚に
自信がなかったから、
人を誘って遊びに行くことも
なかったです。

 

そんな私が、
妻がいて、
息子がいることは奇跡かも?

 

こんな自分なのに、
結婚をしてくれて、
一緒にいてくれることが

「ありがたいなぁ」と
思うのです。

 

未だに、
楽しいところに
連れて行ってあげることも
できていない。

 

でもね、

「こんな自分でもいいんだなぁ」と
思えるわけです。

 

妻は妻なりに、
僕が楽しませようとしなくても、
勝手に楽しんでいる、

というのが、
歳を重ねるごとに
わかってきた感覚です。

 

だから、
「誰かを幸せにすること」が
できなくても、

自分が勝手に
「幸せになることはできる」
ということはわかったわけです。

 

「誰かを幸せにしよう」

「誰かを幸せにしなくては」
とするから
苦しいのであって、

そもそも、
そんな能力は僕にもない。

 

「誰かを幸せにしなければ」
思い、

それをがんばるために
不幸な人や
楽しくない人ばかりを
探し続けないといけないという、

「自分が役立てそうな人」
「困っていそうな人」を
無意識に探して、

それを
「解決できる自分が好き」みたいな。

 

自分が楽しいと思えることを
選び続けていたら、
それを、勝手に楽しんでくれる人たちが
出てきたのです。

 

「あ、これでいいんだ」、と。

「それでいいよ」と
言ってくれる人とだけ

一緒にいればいい、
と思ったのです。

 

自分が好きなところも好き、

自分が出来るところも好き、

自分が出来ないところは
あんまり好きじゃない。

 

それでも、

「それでいい」
「好き」まで行かなくてもいい、
思えたところから、
人生が穏やかに、
幸せに変わっていったのです。

 

あなたが異性なら、
あなたと結婚したいですか?

 

あなたは、なんて答えるでしょうか?

 

「結婚したい!」って
言えるようにならないと

結婚できない。

そんなことを思う必要もありません。

 

なにかの縁があって
一緒になった人と、

色んな事があって、
怒って、
揉めて、
バトルがあって、
口も聞かず、
それでも受け入れて、
許して。

 

そんなことをしている間に、
「結婚しても、いいかなぁ」と、

やっと思えるように
なるのかもしれないです。

 

まだ、縁がない人も
突然です。

 

自分が嫌いのまんまで
結婚している人も
いっぱいいます。

 

だから、
そんな自分の何かを
変えようとしなくてもいいです。

 

自分磨きなんて、
する必要はないです。

 

そのまんま、
ありのままでいいです。

 

この仕事をしていると、

「伊藤さんみたいな人と
 出会えたら良かったのに
」、
って
言われます。

 

「いや、止めといたほうがいい」

「実は、こんなやつですよ」と
いつも思います^^;

 

僕もまだ、
そんな旅の途中です。

 

あなたが異性なら、
あなたと結婚したいですか?

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る