記事の詳細

「出る杭は打たれる」

日本には“周りに合わせないと嫌われる風潮”があり、ことわざは、自分を殺してまで周囲に合わせようとする性格を表しています。

別の意味では、謙虚とも言えますが‥。

才能があって抜き出ている人は、とかく人から憎まれがちです。

そのせいか分かりませんが、自分に自信が持てず、思うように力が発揮出来ていない人が多いように感じます‥。

自信を持って行動(才能を発揮)したら、自分も憎まれやしないかと‥。

お互いの才能や、その人に自信があることを認め、分かち合えば(日本の)状況はかなり変わっていたと思います。

『自信を持つ』

人が自分の能力、知識、想いなどを信頼している心の状態です。

自分を信頼していることは、自分自身が好きな訳です。

ここに『自信を持つ』ヒントがあります。

「自分を好きになる」のです。

自信が持てること(好きなこと、得意なこと、夢中になること)をたくさんやって、自分自身を褒めるのです。

人は、評価される、認められると嬉しいです。

自分が褒められると、嬉しいです。

自分で、自信が持てることを“がんばっている自分を褒める”のです。

「朱に交われば赤くなる」

人は周りの環境によって良くもなれば、悪くもなるという意味です。

自信がある人、ポジティブな人(考えや態度が前向き)の周りに身を置き、良い影響を受けてみるのもいいでしょう。

良い影響を受ければ、良い方向へ‥。

自信がない人の周りに自分を置くと、自分にも自信がなくなり、ネガティブ(考えや態度が否定的)な影響を受けます。

自信が持てることをたくさんやって、自分を褒めて、自信がある人の影響を受ける。

(毎日)習慣づけてやり続ければ、『自信を持つ』ことができます。

自分自身が好きな訳ですから‥。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る