記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

「私、自分に自信がないんです!」

 

この言葉は、何かをアドバイスしたときに、ものごとを始めようとする人からよく聞かれる言葉のひとつです。

 

自信がないことが、悪いワケではないのです。

誰だって、そういう時期はあります。

 

とはいえ、「自信がない」ままでは、行動して成果を出すことはできません。

あなたがお客さんの立場だとしたら、自分に自信がない人に仕事をお願いしたくはないですよね?

 

そういうとき、私は、「この人は、どうすれば自信が出るようになるか」を知るため、あることを尋ねます。

「〇〇さんは、日々、何にどのくらいの時間を使っていますか?」と聞いてみるのです。

 

長く続けていると、興味深い傾向があることに気がつきました。

このことは、相関関係があると思っています。

 

それは、【自分に自信のない人ほど、実践(行動)しないのに、本やセミナーで勉強する時間が長く、情報過多に陥っている】ということです。

 

 

何らかのアクション(行動)ができていれば、フィードバック(反応)があるので、改善の余地があります。

しかし、そうでない場合、学んだ知識が十分かどうかを判断する基準がないから、さらに知識を詰め込もうとしてしまいがちです。

 

「私は、まだ足りない、まだ足りない、、、」

「もっと、使える情報(資格)を手にいれなければできない」

という状況に陥ったことはありませんか?

 

私も、社会人時代もありましたし、独立する一歩を踏み出すときは「まだまだ、、」という思いでした。

 

そんなとき、私はあることをクライエントさんにお願いをしています。

 

「しばらく、勉強することを止めましょうか?」

「本を読むは、禁止でお願いします」

「メルマガを読むのは止めて下さい」

 

〇〇さん「いつか、その知識が必要になるかもしれません、、」

 

 

残念ですが、いつまでも勉強をしている限り、必要になることはありません。

 

その勉強が報われることもありません。

100%の保証をします。

 

あなたが、どれほどがんばって英単語を全部覚えても、達成した瞬間、英語を話せないことに愕然として、自信をなくすと思います。

その結果、自信をつけようとして、また勉強しますよ。

 

なぜなら、どの程度知っていれば十分なのかを事前に決めず、どの程度で通用するかを確かめていないからです。

そして、ずっと自信のない状態が出来上がります。

 

最初から、「上手く」話す必要はないし、「きちんとできる必要もない」と思うんですけどね。

今のままの自分で充分なのです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

目指している成果を出すために、まだ勉強を続けますか?

それとも、すぐに何かを始めますか?

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る