記事の詳細

●「がんばっても、上手くいかない」「がんばりたくても、がんばれない」あなたが、『なぜか知らないけれど、上手くいくようになる』考え方、生き方をお伝えしています。
【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方
http://ameblo.jp/ganbaranai-happylife/

 

あなたは、自分を信じているでしょうか?

 

今、自分がいる場所は、

「自分がずっと望み続けていた場所」なのです。

 

ずっと望み続けてきたから、

今の自分の家族や場所、現実がそこにあるのです。

 

人はそれぞれ、「自分の望む現実を創っている」のです。

 

もし、「うらやましい」と思うあの人を望んでいたなら、

今頃、その人になっているはず。

 

人は、本当に欲しいと強烈に思うなら、

それを得る行動をとるものだから。

 

でも、その人になっていないのなら、

それは、「その人になりたくなかったから」に他ならないのです。

 

自分が望まなかったから、

その人にはなれていないということです。

 

今、手に入っていないなら、

「望んでいなかった」ということであり、

 

何年も望んでも手に入っていないなら、

「本当は欲しくなかった」ということです。

 

これが、「自分を信じる」ということの

本質ではないでしょうか。

 

しかし、その人になれないことが

「苦しい」と感じる人もいるでしょう。

 

「自分だってそうなりたいのに、でも、できない」

と苦しくなるのはなぜだろうか?

 

それは、「自分の視野の狭さ」からきているのです。

 

人はみな、

欲しいものを手にするためには「何か」を差し出しています。

 

例えば、お金を得るために、「自由」を差し出している。

 

自由を得るためには、「依存しないこと」を差し出している。

 

だから、依存しながら「自由が欲しい」というのは、

手に入らない望みなのです。

 

自由とは「自己責任の世界」だから。

 

「誰かのせい」だと、

責任を他の誰かに依存していては自由は手に入れられない。

 

これが視野が狭いときには認識できない。

 

視野が狭いと、何もしなくても、

あの人のような自由やお金が手に入る」と思ってしまうんだね。

 

あの人が依存を差し出して

自由を得ているって分からないとき、

何もしなくても

何でも手に入られそうな気がして「苦しく」なる。

 

o04000295imagephpimage_uid00004126w400

 

結局のところ、あの人のような自由が欲しければ?

「依存を捨てよ!」ということ。

 

こうやって、ひとつひとつ、

今の自分の現実をまず受け入れることから

未来の創造は始まるのです。

 

過去と現在が望み通りでなければ、

未来も望み通りには絶対にならない。

 

ということは、過去、望み通りだったから今があり、

未来は今の自分が望み通りに創っていける!

 

この記事をあなたが見たのも偶然じゃないのです。

 

あなたが望んだから、この文章を読んだ。

 

そう信じるとき

「目の前の出来事は自分が創っている」ということになる。

 

私は、「過去、望み通りじゃない!」という人たちに

「望み通りの人生だったんだよ」ということに気づき、

受け入れるべく、その人の人生を分析してお伝えします。

 

いかに、自分が過去の自分をいいように見せてきたか、

美化してきたかにショックを受けることもあるでしょう。

 

でも、いいように見せてきたことや

その美化を取り除いたときにはじめて、

視野が広がるのです。

 

視野を狭めていた美化を取り除いてみると、

「望み通りだったんだ」と実感できてしまいます。

 

面白いですね、自分の人生って。

 

今日も素敵な1日をお過ごしください。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る