記事の詳細

「素直な心で生きて幸せになる」

ありのままの生き方ナビゲーター☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

 

ゴールデンウイークは、どこで過ごされていますか?

旅行や帰省、ハイキング、ショッピング、自宅でまったりされているかもしれませんね。

私の行きつけの歯医者さんはなんと10連休だそうです。

私は、そんなにも休みが長いと落ち着きませんね。

3日もあれば充分です。

 

でも、こんなときは自分とじっくりと話をする良い機会でもあります。

 

私は、2011年6月18日の自損事故をきっかけに自分の在り方が変わり、人生を通じて表現したいことが鮮明になってきました。

 

なぜ、そうなったのかと言うと 「自分に起こった出来事を自分の責任として受け入れた」 からです。

それまでは、自分に起こる出来事を受け止めず、自分の気持ちを曖昧にしていました。

自分自身の本当の気持ちを知るのが怖かったのです。

 

それが、全ての出来事を自分の責任として受け入れ、自分の気持ちを知り続けたことで、自分の在り方が変わり、生まれてから40年も気づかなかった、人生を通じて表現したいこと(人生のミッション)が次第に見えてくるようになったのです。

 

去年は、「素直な心で生きて幸せになること」 を伝えたいと思っていましたが、形にはなっていませんでした。

今年は、その形を創る過程にいます。

来年は、形が出来つつあると信じています。

 

去年は、自分のことが好きになってきました。

今年は、自分のことが大好きです。

来年は、自分のことをより愛していると信じています。

 

去年は、自分が幸せになりたいと思っていました。

今年は、多くの人を幸せにしたいと思っています。

来年は、幸せを感じられる人がたくさん増えてくると信じています。

 

全てを自分の責任にすることで、他人の道ではなく、自分の道を歩くようになりました。

ときどき道を外れても、また自分の道へ戻れると思えるようになりました。

 

厳しい言い方になりますが、自分のより良い在り方や生き方はすぐにできるものではありません。

数ヶ月、年単位で少しずつ変わっていくものです。

コップに一滴ずつ水を落として、長い時間をかけて満たしていくようなものです。

 

自分から意識して、そういう在り方や生き方を選んで行動することで少しずつ変わるのです。


苦しいこと、辛いこと、悲しいこと、腹が立つこと。

悩みや不安を自分のものとし、受け入れたときにより良い方向へと変わり始めます。

 

でも、誰もがそう簡単に受け入れられないことを私は知っています。

誰もが痛みから逃れたいものだから。

 

それでも、逃れ続けていた私が、全てを自分の責任にしたときに痛みが消えたことを憶えていて欲しいのです。

 

私は、誰もが自分を大好きになって、自分を信じて、自分を一番愛して欲しいといつも思っています。

 

私ができるのは、出会った人に 「素直な心で生きて幸せになれる気づきやきっかけを贈ること」 だけです。

「素直な心で生きて幸せになる」ありのままの生き方ナビゲーター★伊藤直幸のブログ

自分の人生だからこそ、自分の道を歩いて欲しいのです。

それが、あなた自身が幸せになるだけでなく、あなたと出会う人も幸せにできると信じているからです。

 

自分の気持ちと話しあってみてください。

きっと、自分の中にある答えに気づき始めるでしょう。

無料テキスト:ありのままの自分を大好きになって望む人生を手に入れる4つの法則~素直な心で生きて幸せになるために~

伊藤直幸

P.S.
この記事が少しでも気づきになったと思ったら、ブログランキングをクリック(応援)して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 生き方5月19日開催!
『素直な心で生きて幸せになる!』
お金・幸運・恋愛を引き寄せる“本当の自分”発見セミナー!
案内ページはこちらです。

「自分の心に素直になってありのまま生きるため」 のエッセンスをお届けするメールマガジンを発行しています。
まだ購読をされていない方は、今すぐ、こちらからお申し込みください。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る