記事の詳細

世の中には二つのタイプの人がいます。

 

一つは、自分が好きな人。

もう一つは、自分のことが好きじゃない人。

 

どちらが幸せになるかと言えば、答えるまでもありません。

 

自分が好きな人に決まっている、、、 

これは恐らく、誰もが知っている事実です。

 

   ★

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

もちろん、このブログを読んでいるあなただったら、当然知っていることです。

ず~っと、言い続けていることですから。(そうですよね)

 

しかし、なぜ、こんなにも「自分のことを好き」だと言える人が少ないのでしょうか?

 

先日、「自分のことが好きになれない」と言っている人と話す機会がありました。

 

「今まで、自分がどんなことをしても、どんなに褒められても、どんなに仕事ができるようになっても、自分を好きだと思えたことはあまりない…」とのこと。

 

その人は、とても明るい性格でみんなから好かれています。

友達もたくさんいて、仕事もできる。

 

でも、「自分のことは好きになれない」と、、、

 

そんな性格なので、その話を聞いたときにはちょっとビックリしたのです。

「友達や周りの人はみんな、あんたのことを好きなのに、自分は好きじゃないって?」

 

彼女が言うには、私のブログを読むようになってからは、だいぶましになったとのこと。

でも、とてもステキなんだから「好きになればいいのに」と私は思って、話を聞いていました。

 

すると、あることに気がついたのです。

 

彼女の言葉を見て欲しいのですが、

「どんなことをしても、どんなに褒められても、どんなに仕事ができても、自分を好きになれない」と、彼女は言っています。

 

気がついたでしょうか?

 

そう。

自分を好きになるときに『条件』は必要ないのです。

 

「~ をしたから、、、」

「~ ができたから、、、」

自分を好きになるのではない。

 

自分を好きになるのには条件も理由も、何も無しの手ぶらでOKなのです。

 

62

 

単純に、好きになればいい。

 

理由や条件を探してはダメだ。 

理由や条件は、環境が変われば意味がなくなるから。

 

たとえ、あなたは何にもできなくても、無条件で自分を好きになること」はできる。

 

親は、子どもを無条件で好きになる。

私たちは、友達を無条件で好きでいる。

 

それと同じように、「自分自身へも無条件の好意を持つことは可能だし、それをあえてするべき」だ。

 

もし、あなたが自分を好きになりたいなら、条件や理由なんて絶対に探してはいけない。

それはかえって逆効果になる。

 

もし、あなたが自分を好きになりたいなら、今、これを読んでいるときに好きになればいい。

理由もなく、条件もなく。

 

自分を自分で許すことが、幸せで豊かな人生を送ることの第一歩です。

自分を許し、他人を許し、自分自身で作った思い込みを解き放ちましょう!

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る