記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

 

昨日(2/4)のテレビ「解決!ナイナイアンサー」を観ていて、
原田大二郎さんが「自分の子育てが間違っていたのでは?」と語っていました。

 

僕は、一人息子の父として「原田さんは何も間違っていないな」と感じました。

子どもを愛していない親はいないし、
そのときどきの選択もベストを尽くしていたと想像するからです。

 

僕は、3,4歳のときにあった寂しい気持ちを母が受け取ってくれなかったので、
愛されない不安を41年間持ち続けてきました。

だけど、今はそのことで母を恨むことはなく、ただ、感謝しかないです。

僕は、この母を選んで、色んなことを学んで生きていくんだって。

 

そう思っていたら、ふと気づきが起こりました☆彡

 

「この世界に間違っている人は、誰もいない」

言葉ではなく、湧いてきた思いが腑に落ちて、
自分の中の「正しさ」というものが消えたのです。

 

よく「無条件の愛」という言葉を耳にしますが、
「無条件に許すというものもあるんだな」と感じました。

 

私たちが何をしても、神様はすべてを無条件に許している。

罪そのものも、裁くこと(ジャッジすること)も存在しない。

正しくなければいけない人は誰も存在していない。

真実であっても、誰かを正そうとする人も間違ってはいない。

何がどうであっても、無条件に許されている。

 

自分を超えた大いなるすべてが、何もかもを許してその中にあるだけ。

ということは、全部許されていた(^-^)

 

あなたのすべては許されています。

これまでの選択や出来事も間違っていなかった。

 

画像 1894

 

夏が暑く感じるのは、寒い冬を感じているから
夏の暑さが際立っているのです。

「あること」は、「ないこと」があって、
初めて「あること」として成立します。

 

許すって、「ない」に対して「ある」ではないんです。

「ある」しかない世界なのではなく、
「ある」も「ない」も全部許されているという許しです。

 

そう、全てを許されている。

全てを許されている中にずっと包まれていたんです!

すでに許されていたなんて、何ていうことでしょう(^-^)

 

実は最初から、あなたのすべてが許されてると思ってみてください。

何かを「努力しなきゃいけない」じゃなくて、
「どんなことをしても(結果であっても)いいんだ」って思ってみてください。

 

何をどうやったとしても、
誰も神様の「無条件の許し」からは外れようがない。

そう、結局は「無条件に許された中」で、すべてが起こっている。

 

私は、「人は無条件に愛されて、無条件に許されている」ということが
自分の中にわ~っと広がっていく中で、
だったら、「もっと人を、すべてを好きになって生きたらいい!」
って思ったのです。

それがもっと、自由にできる感じがして
ますます楽しくなってきたのです(^-^)

伊藤直幸

あなたが探している「ダイヤモンド」は見つかります。
それを見つけるヒントがここにあります↓
WP-トピックバナー

http://itou-naoyuki.jp/?p=2329


 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る