記事の詳細

ゆるくて楽しいひと時を過ごしてみしませんか?
「素直な心で生きて幸せになるお茶会」を
8/25(日)に開催します!
shousai-01

 

よく言われるのが、
「問題がなかったら、人は成長できない」
ということです。

それは、
人は成長し続ける存在で、
成長することを止めると退化するからです。

成長しないということは、
人生で気づくべきことから離れ、
この世に生まれてくる意味を見いだせなくなります。

しかし、問題がなければ
成長できないことはありません。

P6040134

そもそも、
私たちが「問題」だと思っていることは何でしょうか?

 

そのほとんどが、
「不安」であったり、
心配ごと」であったりするのです。

突き詰めていくと、
「満たされていない不安」や
「愛されていない不安」が自分の中にあるのです。

だから、
「問題」だと思っていることは、
自分の中にある「満たされていない不安」や
「愛されていない不安」が
それは、「問題」だと思わせているのです。

 

なぜなら、不安は、
「問題」がなければ存在することができないからです。

不安は常に居場所を持ち続け、
自分に「何らかの問題」があると思い込ませているのです。

(話が長くなるので割愛しますが)
不安は、人が元々持っている防衛的な本能で、
不安があることで人が生きてこられたという面もあります。

 

「問題」は、自分の中にある不安が抵抗している
と言ってもいいかもしれません。

自分が心の奥で、
「満たされたい」
「愛されたい」
ということに気づいて欲しいのです。

 

「問題」というのは、
目の前に起こる事実を
自分がどう感じて、受け取るかだけなので、

「問題」そのものは現実に存在していないのです。

あなたが「問題」だと思っていても、
ある人は「問題」とは全く思っていない。

だから、そんなことがたくさんあるのです。

 

人には、ものごとをより良い方向へと
進化させる(解決する)力が備わっています。

「問題」と思っていることを
自分がどのように感じているか認識し、
自分のものとして責任を持ったときから
すでに解決に向かっているのです。

あなたの中にある進化させる力が
ちゃんと解決に向けて導いてくれるのです。

 

もし、「問題」が解決していないのであれば、
自分にも何らかの責任があることを
受け入れていないからです。

 

「問題」がなければ成長できないのではなく、
自分は、「なぜ、満たされたい」と思っているのか、
「愛されたい気持ち」になるのは、
自分の何がそうさせているのかということ(原因)を
自分の中にあることを認め、
自分自身を理解することが成長なのです。

「問題」だと思っていることは、
自分がこれまで身につけた
価値観や思い込みに気づくための

メッセージなのです。

伊藤直幸

P.S.
この記事が少しでも気づきになったと思ったら、
↓↓↓ 応援して頂けると嬉しいです(^-^) ↓↓↓

ranking01-2

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る