記事の詳細

「優雅な立ち居振る舞いをしましょう」
と言ってもよくわかりませんね。

そこでポイントだけ意識しましょう。

 

具体的にはこうします。

動き始めと止まるときを意識してゆっくりにします。

 

ゆるやかに動き始めて、ゆるやかに止まる。

立ち始め、歩き始め、
ドアの開け始め、ものの言い始め。

手足だけでなく、
目や表情の動かし始めもそうします。

 

そうすれば、
それが目的ではありませんが、

まわりの人を驚かせたり、
危ないと思わせたりはしません。

つまり、まわりの人にも
優しい動作をしていることになります。

 

こころを込めて、
そのようなゆっくりした動作をしてみてください。

すると、身体も楽になりますが、
こころも楽になります。

 

なぜなら、
「考え始め」も無意識ではなくなるからです。

すると、
「考え」が暴走することはありません。

1380141246


だから、
この優雅な立ち居振る舞いの真髄をつかんだら、

身もこころもまるで天女のように軽やかになります。

毎日が健康で楽しくなります。

表情も内側から本当に優雅で美しくなります。

 

人に優しいことは、
自分にも優しいことだからです。

伊藤直幸

ブログ共通バナー_メルマガ
ブログ共通バナー_ブログランキング

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る