記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

なぜか知らないけれど、
『がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』をテーマに
ゆる~くお話しています。

 ↓
がんばらなくても幸せになれる生き方
【現代版・うさぎとかめのお話】

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

先日、ボブ・プロクターという人、
「ザ・シークレット」の
最初に出てくる
白髪のおじさん
の、
と言っても、
現役の北米コーチングビジネス
第一人者ですが、

そのボブさんの
「You were Born Rich」
という本を読んでいたら、

本の最終章に
「空白の法則」というものが
載っていました。

どんな法則かというと、

「この宇宙は何も無い、
 エンプティな空間があると、

 それを埋めようとする
 法則が働くので、

 物にせよ、思考にせよ、
 いらないものはジャンジャン捨てろ。

 そうすれば、
 新しいものがジャンジャン入ってくる」

 

言い方を変えると、

「スペースを空けると入ってくる」

「何かを手に入れるには、
 その前に何かを
 捨てなければならない」

「新しいものを
 どうやって手に入れることが
 できるかは考えなくてよい」

「重要なものは、
 それを本当に必要とすれば
 必ず手に入るのである」

 

もし、
あなたの周りに
気に入らないものがあるのなら、
それを手放してください。

そうすれば、
あなたの欲しいもののための
スペースができます。

というものです。

 

 

例えば、
今のあなたは自分の内側にある、

「夢や希望」
「やりたいこと」などを
感じてみると、

「それが本当に、
 あなたがしたいことなのか?」

それとも、
「社会からの刷り込みなのか?」

という事に
ハッキリと気づく事は
できるのでしょうか?

 

自分の中に、
いらないもの、
ガラクタが沢山ある状態は、

そこに新しい発想や
素晴らしい閃き、
また、幸運などが入る
空間がありません。

 

幸せをたくさん引き寄せる
脳の持ち主は、
「捨てること」が
とても上手。

 

だから、
あなたの幸せな今と、
これからの未来に
必要のないものは、

どんどん捨てていいのです。

 

幸せも、

閃きも、

そして、
あなたを成功に導く
アイディアも、

そこに、
沢山のガラクタが
詰め込まれた状態では
降ってきようがないのです。

 

私たちの「頭の中」というのは、
自分で意識しなければ、
世の中や周りの人など、
様々な影響を受けて、

カンタンに沢山のガラクタが
詰まっていってしまいます。

 

あなたが、
「幸せ」をじゃんじゃん
降らせたいと思うのなら、
本当に必要な1割だけを残して、
後の9割のガラクタを
どんどん処分していきましょう。

 

そこに、
そこに新しい発想や
素晴らしい閃き、
たくさんの幸せが
入ってくるでしょう(^^)

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る