記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、
 がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』
をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】
がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

 

「幸せ」というと、
どうしても
「お金」や「持ってるモノ」に
目がいってしまいがち。

 

それは、
「目に見えるカタチ」で
確認することが出来るから、
誰もが感じやすいもの。

 

でも、
「お金」や「モノ」を
たくさん持っていたとしても、、、

 

その影で、
「やらなければいけないこと」や
「時間」に追われていたら、、、

 

それは、
本当の「幸せ」と感じるかな。

 

お金はたくさんあったら、
生きていく上で
選択肢は増えるし、
可能性が広がる
とても素晴らしいもの。

 

だから、
たくさんあった方が
いいに決まってる(笑)

 

でも、
お金があっても、
お金を有意義に使う
時間がなければ
本当の幸せは感じにくい。

 

じゃあ、
今はお金がないとしても、

時間がたくさんあるとしたら?

 

その時間で、

・自分を大事にすることができる

・自分とゆっくり向き合うことができる

・大好きな人や家族とのんびり過ごせる

・好きなこと、
 やりたいことがすぐにできる

・行きたい場所にいける

 

人は、
目の前の最善を
選び続けることで
未来を幸せに
変えていくことができる。

 

何かをすることだけが
幸せなことじゃない。

 

自分を大事することの中に、

・食べること

・寝ること

・遊ぶこと

・ぼーっとすること

・人と話すこと

・人と触れ合うこと

 

一見すると、
「時間の無駄」に
見えるようなことも
もちろん含まれる。

 

自分にとって、
それが1番なら、
誰かに何を言われても
それが正解(^^)

 

 

時間って、
目には見えないけど、
「無限の幸せ」が
隠されている。

 

毎日、
何気なく過ぎていく時間。

 

時間に追われて、
自分のことを
考えることも、
感じることもなく、
ただ、流れていく日々。

 

でも、
時間だけは、
この瞬間にも、
誰もが同じように
与えられている。

 

1日、24時間、86,400秒。

 

お金、才能、環境、
置かれている状況など、
それらがある、
なしに関わらず、
すべての人に
平等に与えられるもの。

 

それを、
どれだけ、
無駄だと思うことも
許せる自分になって、
自分の「幸せ」のために
使っていくのか。

 

それが、
私たちが求めている幸せ、
お金や愛など、
あらゆる幸せに繋がっていく。

 

【目には見えないけれど、
 目に見えるものより
 大切なものがたくさんある】

 

そのことに、
たくさん気づけることも、
幸せなことなんだな(^^)

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

■メッセージやコメントは、
 許可なく記事などで紹介させて頂くことがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る