記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。



ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。



今回は、「他人の反応を気にしない」 をテーマにお話します。



最後まで、宜しくお願いします。



◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

ほとんどの人は子どもの頃、自分には他人の気持ちを傷つける力があると教えられました。

実際、自分の言動が原因で他人が気分を害することもときどきあったので、この教えが正しいと思うようになりました。

以来、私たちはこの “思い違い” のためにずっと過ちを繰り返してきたようです。

自分の言動に対して、他人が気分を悪くすることがあるのは 「事実」 です。

しかし、それはその人の 「習慣」 であったり、「癖」 であったりするだけかも知れません。

もし自分の言動に他人が気を悪くする力があるなら、“周囲の人全員” が気を悪くしなければならないはずですが、そんなことにはなりません。

意図的に他人を怒らせたり、不愉快な思いをさせたりするのではない限り、その人の 「反応」 に責任を負う義務はありません。

自分の 「感情」 に責任を負うだけでも十分にたいへんなことなのですから、他人の 「感情」 に対してまで不要な重荷を背負う必要はありません。

自分の感情は、「自分の責任」 です。

他人の感情は、「他人の責任」 です。

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る