記事の詳細

友達と気まずくなったのも、会話が盛り上がらないのも、職場の人と上手く行かないのも、全て自分の責任と思い込んで自分を責めてしまう人は、生きていて苦しいと思います‥。

幼い頃から、親に叱られるのも、理不尽な扱いを受けるのも、嫌われるのも、全部自分が悪いのだと思い込んだのが自己嫌悪感の始まりなのですが、あなたはちっとも悪くありません。

もちろん反省は必要ですが、何でもかんでも自分が悪いと決め付けてしまうのはいけません。

自分が悪い時でも自分の行いを改めるのはいいのですが、『自分の存在そのものを責めて否定してはいけません』

行いそのものが改善されればそれでいいと、もっと気楽な考え方でいいのです。

罪を背負って生まれてくる人はいません。

みんな自分を幸せに、誰かを幸せにする力を持って生まれて来ます。

あなたにだって、出来るのです。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る