記事の詳細

●「がんばっても、上手くいかない」「がんばりたくても、がんばれない」あなたが、『なぜか知らないけれど、上手くいくようになる』考え方、生き方をお伝えしています。
【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方
http://ameblo.jp/ganbaranai-happylife/

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

いつもブログを読んで下さっているあなたは、周りの人よりも向上心の高いところがあるのだと思います。

 

生活のためだけに、できるだけ仕事をせずに言われた最低限のことをやって給料をもらおうとする人が多い中、

「もっと仕事で結果を出して生活の質を上げたい」

「仕事をより良くしよう」

「意味のある仕事をしたい」

「仕事とプライベートのバランスをとって人生を充実させたい」

そんな事を考えているのではないでしょうか?

 

しかし、意識の高いあなただからこそ、自分の高い理想と自分の現実のギャップに悩むこともあるかもしれません。

 

「自分はもっとできるはずなのに」

そう思うこともあるでしょう。

 

しかし、その意識の高さが、あなたの「決断」や「行動」にブレーキをかけているのかもしれません。

なぜなら、高い意識や理想を掲げて、それが「達成されない」という経験を繰り返すと、「できない自分」のセルフイメージが潜在意識に強く刻まれてしまうからです。

 

一旦、潜在意識に「できない自分」のイメージが刻まれてしまうと、その潜在意識のイメージが変わるまでは、どんなに、意識では高いところを目指そうとしても潜在意識がブレーキをかけてしまいます。

意識で、高いところを目指そうとした瞬間に、過去に上手く行かなかった経験と感情がよみがえり、モチベーションが下がってしまうのです。

 

その結果、やる気が落ち、判断力や決断力が低下します。

やる気が無く、決断できず、モチベーションが低いので、当然、行動力も落ちてしまいます。

 

では、どうすれば良いのか?

高い目標や理想を持つのはいけないことなのか?

 

そうではありません。

決して、高い理想を持つ事は悪いことではありません。

 

あなたが、心の底から手に入れたい理想があるなら、それを諦めるべきではありません。

 

しかし、「高い理想だけ」だと、現実とのギャップが大き過ぎて、自分の現状に失望して

「何で自分はこんなにダメなんだ」

「何でできないんだ」

「もっと、できるばずなのに」

と、精神的に苦しいだけではなく、その思いが潜在意識に刻まれてしまえば、あなたの行動力や決断力を鈍らせてしまうことになります。

 

やがて、自分のセルフイメージや自尊心が低下し、自分に対する期待値も下がってしまいます。

そうなると、良くて現状維持、最悪、右肩下がりの人生になりかねません。

 

 

ホームレスの方がそこから抜け出したいという思いがありながらも抜けだせないのは、自分への期待値が低いからです。

中には、大きな会社でそれなりの地位にあった人や自分で起業して社長をしていた人もいます。

 

そんな人が、ホームレスから抜け出せなくなるのは、能力や年齢の問題ではなく「心の問題」です。

つまり、自分への期待値であるセルフイメージが異常に低いわけです。

 

もちろん、あなたのセルフイメージはそこまでダメージを受けていないと思います。

誰かに裏切られたとか、大きな失敗をした、子供の頃から「あなたはダメ」と言われ続けたなど、よほどの事が無ければ、そこまでのダメージを受けることはありません。

 

なので、安心して欲しいし、自分のセルフイメージを上げていくこともできます。

 

では、どうすれば自分のセルフイメージを上がることができるのか?

この続きは、明日に続きます。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る