記事の詳細

イライラしたとき、誰かに腹が立ったとき、不満に思ったとき。

 

そういうことは誰にでもあるけれど、そんなとき「あいつが悪い」と考えるのは止めましょう。

これはとても大切な考え方で、こう考えることでストレスのほとんどは消えてなくなるのです。

 

   ★

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

誰かに腹がったときは大抵、「あいつが問題だ!」という考え方になります。

あるいは、それは自分と同じように物事を考えれないことへの苛立ちかもしれません。

 

「あいつが問題だ!」と考える代わりに、「自分に何か問題はないのか?」と考えてみましょう。

なぜなら、自分の問題は自分で解決できるけれど、相手の問題は自分では解決できないからです。

 

「相手に問題がある!」と思った瞬間、それは、自分ではコントロールできない問題になる。

だからイライラしてしまうのです。

 

ところが、「自分に何か問題はないか?」という考えを持ってみると、自分の問題は100%自分がコントロールできることになるのです。

だから、イライラは劇的に減ることになります。

 

イライラする代わりに、そのエネルギーを使って解決策や行動を取ることができます。

 

例えば、あなたの同僚が今日、全く仕事をしてなかったとしましょう。

 

大切な〆切りが迫っているのに、あなたが仕事を頼んでも、急かしても全く手を動かさない。

「もうすぐ〆切りなのに、何してんねん!」とイライラしてくる、、、

 

でも、もしこの同僚が、昨日の晩に父親が亡くなっていたらあなたはどう感じるだろうか?

今まで通り、相手に対してイライラするのでしょうか?

 

きっと、しないはずです。

イライラしないどころか、相手に気を使って、「今日は帰ったら。仕事はやっておくから」などと言うのではないでしょうか?

ダウンロード

ここで大事なことは何でしょうか?

あなたのイライラが消えたこと?

 

ここで大切なことは、「相手に何も変化がないのに、あなたのイライラが消えたこと」です。

 

相手には何の変化もありません。

相変わらず〆切り間近なのに全く仕事をしていない。

 

変化したのは、あなた自身の心の中です。

あなたが「目の前に起きている現象をどのように解釈するか?」という、解釈の部分が変わっただけです。

 

と、言うことは、イライラしたり、腹が立つ最大の原因は「自分にあった」と言うことになります。

自分が変わったら、そんなものは一瞬で消えてなくなったのですから。

 

他人に腹が立ったり、イライラしたりするときに、まるで問題がその人にあるように感じる。

そして、その人がイライラ発生源であるような感じがする、、、

 

でも、それは本当の姿ではない。

本当の姿は、自分自身の中からイライラが湧いてきているのです。

 

どんなことが起きてもイライラする必要はないのです。

イライラが発生するような考え方は捨ててしまえばいいのです。

 

どんなことが起きても、あなたはそのことから学ぶことができます。

それは、あなたの成長のチャンスになるのかもしれません。

 

どんなことが起きても、あなたはそのことを楽しむことができる。

そうすれば、あなたの人生には楽しいことしか起きないのだから。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい☆彡

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る