記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

『なぜか知らないけれど、がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』をお話しています。
 ↓
【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

 

ありのままの生き方ナビゲーター伊藤直幸です。

 

夢や目標を持ち、もっとエキサイティングで充実した人生にしたいのに、自分で歯止めをかけていませんか?

 

もしかしたら、それは今の経済状況や自分の能力について不安を感じているからかもしれません。

 

私たちは、恐怖や疑念、疑心暗鬼という感情に翻弄されています。

 

もっと広い意味で物事を見るために、恐怖という言葉「Fear」面白い定義をお話します。

 

Fearとは「Fantasized Experiences Appearing Real」(現実をファンタジー化させた体験)です。

 

私たちが「怖い」と思っているそのほとんどは、【自分の想像を誇張したもの】にすぎません。

 

私たちの潜在意識や神経システムは、現実と想像の区別ができないので、「不安」という同類の不快感を引き起こします。

 

自分自身が語りかける言葉が巨大な怪物を作り出し、自分には到底扱えないと思わせます。

 

私から皆さんにお勧めしたいのは、「勇気を持って自分から恐怖と向き合い、恐怖を認識し、恐怖を経験し、それを乗り越えること」です。

 

恐怖心に抵抗したり、避けたり、その感情を責めたりしないでください。

 

感情に抵抗すると、それがいつまでも続くという逆説があります。

 

これは、繭から飛び立つ蝶の成長プロセスとも言えます。

 

lgf01a201308050400

 

有名な作家やアーチストの多くは、変性の重要性を認識しています。

 

「怖いと感じる事をやってみなさい。そうすれば、恐怖心は跡形もなく消えていく(ラルフ・ウォルド・エマーソン)」

 

「恐怖で立ち止まってしまいそうな経験をする度に、力と勇気と自信が手に入る。だから、無理だと思うことをやらなければならない(エレノア・ルーズベルト)」

 

「勇気とは、恐れに抵抗すること、打ち勝つことであって、恐れがないことではない(マーク・トウェイン)」

 

成功に最終ゴールはなく、失敗もまた致命傷にはなりえません。

 

大切なのは勇気です。

 

恐怖を認めなければいけません。

 

数ヶ月前までは順調だったのに、経済やビジネスが大きく変化し、右往左往されている方が沢山いることを私は知っています。

 

「人生は常に変動するもの」だと覚えておいてください。

 

難しそうに見えたり、自分には無理だと思ったとしても、それは今だけです。

 

私たちはみな、恐怖や疑念、不確かさを経験しています。

 

気持ちを明るくさせ、「正しい思考」の道を常に歩かせてくれる情報を自分の心や頭にインプットすれば、いつでも機知に富んだ行動がとれます。

 

時間をとって、自分のマインドと心を育てようとすれば、自分の足で立ち、苦しい状況を好転させることが可能になります。

 

過去の失敗や恐怖、疑念や方向性の欠如を引きずるのはもうやめましょう。

 

そのせいで一歩が踏み出せないのですから。

 

私たちは、「自分に対するイメージをそのまま成就させている」という事実に、私は気がつきました。

 

【自分に対する考えが現実となっている】のです。

 

ごくありきたりな毎日、私たちの思考の80%以上がネガティブになっているのをご存知ですか?

 

つまり、「いつも、最悪の気持ちでいる」ということです。

 

これでは、失敗してしまう、、、

 

「怖くて、新しいことにトライできない」と、自分で自分に言い聞かせているようなものです。

 

恐怖と向き合えるパワーと勇気を私たちは持っているのですから、自分から問題や状況に向きあってください。

 

いつまでも恐怖に向き合わないでいると、せっかくのチャンスや時間や自尊心を失い、自分の可能性や才能を正しく使えなくなってしまいます。

 

私は、自分の人生に毅然と立ち向かい、最善を尽くすのは誰にでもできることだと信じています。

 

恐怖や疑念に自分の人生を支配されて、あなた自身の【幸せ】を逃してしまうのはもったいないことです。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

■この記事は、リンクフリーです。
 その際、リンクを貼って頂けると嬉しいです。
 お知らせして頂けると、もっと嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る