記事の詳細

いつも、応援ありがとうございます(^-^)

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーターの伊藤直幸です☆彡

   ★

 

今は、色んな情報がいとも簡単にたくさん、私たちの中に入ってくるようになりました。

1日の大半が、何らかの情報に接しているのかも知れませんね。

 

電車に乗ると必ずと言っていいほどスマホを触っている人を見かけます。

Facebookを見ると、楽しそうな写真やコメントがたくさんあります。

 

情報が簡単に手に入るような時代になって、私たちは何かにつけて「比較をすること」を抜きにして、生きることが難しくなってきました。

 

なぜなら、人は比較すると安心するからです。

 

「あの人は、ツイてないなぁ、、、」

「私のほうがもっといい」

 

「スゴイなぁ」と思いながらも本心は、相手のことをどこかで見下していたりするのです。

もちろん、無意識なので「そんな自覚は微塵もない」と、思うかもしれませんが、、、

 

逆に、相手のことが良く見えすぎて落ち込むこともあります。

「私って、何でダメなんだろう」って。

 

これって、【どんぐりの背比べ】をしているだけしかない、、、

 

私たちは子どもの頃から、何かにつけて周りの人と比較されてきました。

「Aさんは成績が良いのに、何であなたはこうなの?」

 

それは、今も続いています。

「Bさんは有名会社に行ってこんなにも稼いでいるそうよ。それなのにあなたは、、、」

 

そうやって、知らず知らずに比較されることに慣れ親しんでしまったがために(無意識に洗脳をさせられてしまったために)、比較することに安心をするようになってしまったのです。

 

『人には、価値がある』

 

そうやって、私たちは教えられました。

 

それなのに、なぜか人(価値)と、人(価値)を比較している。

「私とあなた、どっちが素晴らしいの?」って。

 

人として価値は、比べようがないのに比較をしている。

無理やり、比較しているのかもしれない。

 

そうやって、「比較することで安心をしている自分」がいる。

 

e0195939_18544634

 

すべてにおいて、「比較することを止めた瞬間(とき)、自分がすでに持っている価値の素晴らしさ」が分かるようになる。

 

比較することは、自分が持っている「価値観(=思い込み)というモノサシ」で、他人の価値を計ろうとしていること。

 

人って、色んな可能性を持っているのに、自分の「価値観」というモノサシで無理やり計ろうとしている。

これって、30cm定規で100Kmを計ろうとしているようなもの。

 

だったら、「他人と比較することを止めて、過去の自分と比較したらいいのだろうか?」

「過去の自分より、今日は1ミリでも成長しているのかを見比べればいいのだろうか?」

 

過去の自分と比較することは、必要がないのです。

今の自分が最大で、最高の自分だからです。

 

「こうなっている私はステキ」

「こんな未来でいたい」

 

まだ、来ていない未来の私と、今の自分を比較することは必要ないのです。

 

今の自分が最大で、最高の自分だから。

そして、それが積み重なって、未来にステキな私がいるのです。

 

比較というワナにはまりこまないためにも情報に接する機会を減らして、「自分のココロの声を聴くこと」が、自分自身が価値のある存在に思えるようになるのです(^-^)

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 


関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る