記事の詳細

相手の人の話を聞かずに
自分の話ばかりする人が多いようです。

おそらくは、
「聞いてもらうこと」によって、
自分の気持ちを受け止めてもったこと、
理解をされなかったことが
あったのかもしれません。

だから、自分の話をしないと
「私は、愛されない」と思っているのでしょうね。

 

私は、今から13、4年前の27歳ぐらいのとき、
人と話すことが苦手だと感じていたので、
会話術教室に通うようになりました。

 

そこで、
会話する上で大切なことを学びました。

いかに上手に話すかよりも、
人の話をよく聞いて理解し共感することと、
思いや考え、「感情(気持ち)」を
伝え合うことです。

 

そのためには「聞き上手になる」ことです。

人の心を掴むには、
「目の前にいる人の話を聞こう」と
心構えを持つことです。

 

相手の話を聞けないのには、理由があります。

・忙しい思いで聞いていた
・話を少し聞いて、反論していた
・相手の話を遮って、自分の考えを伝えていた
・嫌な人だと初めから聞く気がない

 

そのときの(27歳ぐらいの)私は、
人の話を話すことも苦手でしたが、
聞くことも苦手でした。

何か言われると、
「自分が責められている」ように感じたのです。

つい最近までも、
妻から何か言われると「ムッ」として、
黙り込んでいました(^-^;)

 

PA172367


それらを反省して、
人の話を最後まで聞いて、
受け止める姿勢をとることにしました。

今では、
「そうなんや」「なるほど」と、
相手を理解しようとする姿勢を
出すようにしています。

 

妻が仕事場であった話や
「こんなことがあった」といったことを
聞くようにしました。

「あ~したらいい」とか
「こうなんちゃう」とか言わず、
ただ、聞いているのです。

 

すると、どうでしょう。

私のことも聞いて、
理解してくれるようになったのです☆

 

なので、話が上手くないと思っていても、
相手の話を聞いて理解する、
相手の気持ちに共感できるようになると、
自分も理解されるようになります。

聞き上手は、愛される人になるのです☆彡

伊藤直幸

ブログ共通バナー_メルマガ
ブログ共通バナー_ブログランキング

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る