記事の詳細

3歳を過ぎてからのこころの傷のほとんどが
「自分の欲が満たされなかったこと」です。

放っておけば自然に治ります。

しかし、いつまでも
そのことをくよくよ考えたりして、
つついていると治りません。

 

なぜ、くよくよ考えるのか。

それは、
あのことは「最悪だった」と考えてしまい、
そのことが「良かったことだ」とは
そう簡単には考えられないからです。

 

ですから、
くよくよを止めるためには、
そのことが「良かったことだ」と考えましょう。

「自分の得になった」
「勉強になった」と考えましょう。

すると、
すぐにくよくよから脱出できます。

 

でも、最悪と思っている出来事を
「良かったことだ」と思うのは、
最悪だと思っている自分の頭には難しいですね。

 

そこで、こうしてみましょう。

「そのことがあって良かった、得をした」と
仮に言ってみます。

全くそう思っていなくても、
仮にでもそういうと頭は自動的に
「なぜ、良かったのか」
「なぜ、得をしたのか」と、
今度はその理由に焦点を当てて考え始めます。

 

61105651_624

 

頭は賢いですが、馬と同じです。

方向を決めてお尻をたたくと
その方向に走り出します。

 

それでいいのです。

理由を探すために走り始めた馬は、
「良かったこと」や「得になったこと」の理由を
あまり熱心に探さない揚合もあります。

「良かったのならいいじゃない。別に考えなくても」
とあまり興味を持たないからです。

 

頭は不幸になったことや、
傷を負ったことについては厳しく原因を追及して、
「できることなら、なかったことにしよう」と、
「あんなことがなければ良かったのに…」と
くよくよ考えてしまいますが、
反対に良かったことにはほとんど興味を持ちません。

 

それでいいのです。

過去のことを
くよくよ考えさせなければいいのですから。

 

いったん馬が走り出すと、
前方には光り輝く未来があります。

前に走ってさえいれば、
後ろに置いてきた傷はいつの間にか
自然に癒えていきます。

伊藤直幸

ブログ共通バナー_メルマガ
ブログ共通バナー_ブログランキング

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る