記事の詳細

郵便局に行ったときの出来事です。

手続きをしている間、
椅子に座って周りの様子を見ていました。

 

しばらくすると、
2、3歳ぐらいの可愛らしい女の子をベビーカーに乗せた
お母さんが窓口へやってきました。

窓口が2つあり、その一つで用事を済ませていました。

 

女の子と目が合ったのでにらめっこをしたら
「プイっ」と横を向かれてちょっとガッカリしていると、
女の子は「こっち、こっち」と言い始めました。

「どうしたのかな?」と思いながら
窓口に目を配りましたが
特に変わった様子はありません。

 

「あの行員さんの方がいいのかな?」

そんなことを思っていると、
女の子はベビーカーから立ち上がりそうになりながらも
「こっち、こっち」と指をさしながら言いました

 

女の子が指さす方の先には、
アニメのキャラクターが描かれた
記念切手のシートが
たくさん飾られていたのです。

「あっ、女の子はこれが見たいんだ」

私は、女の子が切手のシートを見たくて
「こっち」と言っているだと分かりました。

 

お母さんを見ると、
女の子の様子を見ることも気にする様子もなく、

スマホの画面に夢中でした。

女の子の訴えに気づいたのは私だけのようです。

 

私はお母さんに
「娘さんは切手のシートが見たいんですよ」
と言ってあげたかったのですが、

お母さんに対して余計なことだと思って
言えませんでした。

P8260112

お母さんは用事が済むと
スッと郵便局を出て行きました。

女の子は郵便局を出ても
「こっち、こっち」と今にも泣きそうな声で
言い続けていました。

 

小さな女の子は、
「こっち、こっち」と言っても
何も分かってくれなかったことに何を感じたのだろうか?

お母さんは、
女の子の声をどう受け取っていたのだろうか?

私はそのとき、
どんな在り方をしていたのだろうか?

そんな瞬間を目の当たりにした気がするのです。

伊藤直幸

「自分の心に素直になって、幸せに生きるため」の
エッセンスをメールマガジンでお届けしています。

購読をされていない方は、今すぐ、お申し込みください。
簡単に登録、解除ができます。
メルマガ-small-ver1

P.S.
この記事が少しでも気づきになったと思ったら、
↓↓↓ 応援して頂けると嬉しいです(^-^) ↓↓↓

ranking01-2

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る