記事の詳細

★「真実を語ること」を初めてご覧になる方へ
  「真実を語ること」のテーマを読んで頂くと、
より内容が分かりますので、そちらからご覧になって下さい。
http://itou-naoyuki.jp/?p=1284

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

私は、今回のことやこれまでに隠し続けたことで、妻や息子に心配や不安な思いをさせていることは本当に申し訳ないと思っています。

 

私は、妻に自分の想いを言いました。

周りの人は色んなことを言うかもしれない。

それでも、これからも「ありのまま」を表現し続けることを言いました。

それは、自分を愛していることと、家族を愛しているという表現としてです。

とは言っても、妻にしてみればそう簡単には納得できることではないし、不安や心配があるというのも分かっています。

 

妻は、「私には選択肢はない」と言いました。

私は、返す言葉が出ませんでした…。

 

後日、このやり取りを先生に送りました。

--------------------

先生が言っていた、
「妻にも、妻の中にある恐れを解放する権利がある」というのを
今、目の当たりにしていると思っています。

妻は乗り越えると信じています。
私も信じています。

今、気づいたんですけど、
私も、妻も学ぶべきテーマが同じで、
今、それを越えようとしているんですね。

やっぱり、良かった。
真実を語って。

大丈夫だと信じていますが、
どうしても手に負えないときには、宜しくお願いします。

--------------------

先生からのメッセージ

伊藤さん、こんにちは。

奥さまと色々なことをシェアされ、
同じテーマに向きあっていることに気づかれたこと
とっても嬉しく拝見しました。

そして、伊藤さんから生き生きとしたエネルギーが伝わってきて
私も元気をいただきました。

立場は違っても、同じことに向き合っているんですよね。

多くの方はパートナーと同じテーマを共有していたり、
同じテーマをを逆の側面から一緒に学んでいたりします。

私も伊藤さんも奥さまも、これからどんどん自由になって
いかれることを確信していますので、心配は全くしていませんが、
何かお役に立てることがあればぜひお知らせ下さい。

奥さまに、

「今まで自分も同じような不安を持ち、色んなことを隠していたから
不安な気持ちはよく分かるし、戸惑っているのもよく分かる。
自分自身も全く同じ課題を抱えているから。

でも、自分は自分自身の望む人生をおくるためにも
その課題をクリアしたいと思っているし、
色々なことをブログやフェイスブックで公開していき、
多くの人と学びを共有したいと思っているので認めてほしい。

ただ、あなたが不安にならないように、
できるだけ家族に見つからないような方法を考えて
実行したいと思っている。」

ということを時間をかけてお伝えしていけばいいと思います。

と同時に、奥さまの気持ちを大切にしていることを
言葉や行動であらわさないといけないので、

「ブログやフェイスブックの投稿を、
家族に見つからないように工夫したいから、

見つからないような作戦を一緒に考えてくれないか?」

と伝えて、一緒に考えて実行するのも、
奥さまにも選択肢があると感じていただき、
安心して頂くために必要だと思います。

自分自身がすべての人の幸せを願い誠実に行動していれば、
すべての現実があるべきように動いていきます。

これからの伊藤さんの一歩一歩をとっても楽しみにしています!

先日ブログを拝見しました、
テープ起こしされたんですか!?
すごいですね~!!

伊藤さんの心の動きが読んでいる方にも伝わり、
色んなことに気づいていただけるのではないかと思います。

--------------------

先生からのメッセージを受け取って、今までは自分が伝えたいことと、妻が恐れていることに向き合うことは難しいと思い込んでいたのが、それぞれが素晴らしいものとして、お互いを満たすことができると感じたのです。

 

私と妻は、人生を通じて同じテーマを学ぶためにパートナーとなりました。

本当の自分を偽ることなく、隠すことなく、「ありのまま」の存在である素晴らしさを表現していくこと、サポートをしていくことがテーマなのです。

それを教えてくれるのが、妻や息子、両親、兄弟家族、周りの人達です。

 

今も妻や息子は、私が「ありのまま」に表現することに抵抗を感じています。

私は、「申し訳ない」と感じながらも、多くの人が幸せに気づくための「学び」を共有したいと思っています。

これからもお互いに、人生で学ぶべきテーマに向き合っていきます。

それが、自分自身を幸せにし、家族を幸せにし、周りの人を幸せにしていくことになるからです。

 

このスクールに出会わなかったら、本当の自分になるための正直さ、素直さを隠したまま生きていたかもしれない。

それは、自分にとって最も不幸なことであるし、もし、自分にウソをついていて、隠し事を持っていたまま「ありのままの生き方」を伝えていたら、受け取ってくれた人を本当に「幸せ」にはできていないと思うのです。

私は、自分を幸せにする在り方を選んで生きていくのです。

ありがとう。

 (真実を語ること・終)

 

ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

真実を語ることによって「本当の自分」に気づき、ありのままに生きていくことができることを体験して頂けましたか?

真実を話されたことがない方にも、今から真実を話されようとしている方にも勇気を与えられたのではないかと思います。

 

「真実を語ること」の素晴らしさを多くの方に気づいてもらいたい、自分を偽らずに「ありのまま」に生きてもらいたい。

そんな想いを込めてこれまでのお話を1冊の本にまとめました。

真実を語ること
真実を語ること ~ありのままの自分になるために~

先生のメッセージ、セッションでの学びや気づき、気持ちが揺れ動いている様子、人としての在り方、「ありのまま」を追求していく姿、真実を語ることの素晴らしさを余すことなくお伝えしています。

本書を読むことで、私と同じように「真実を語ること」を体験し、幸せになる学びや気づきを得て、ご自身と向き合うきっかけになれば嬉しいです。

メールアドレスだけで、無料でダウンロードできます(^-^)

こちらからのフォームから、どうぞ!

118_10_246_225

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る