記事の詳細

 「自分の心に素直になって、幸せに生きるため」の
エッセンスをメールマガジンでお届けしています。

 購読をされていない方は、今すぐ、お申し込みください。
 簡単に登録、解除ができます。
 mailamagazine-g

★「真実を語ること」を初めてご覧になる方へ
  「真実を語ること」のテーマを読んで頂くと、
より内容が分かりますので、そちらからご覧になって下さい。
http://itou-naoyuki.jp/?p=1284

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

先生とのセッションが終り、妻に話すのは3日後にすることを自分に約束した…。

翌日、家を出るときに妻を騙している後ろめたい気持ちと、妻に応援されたい、祝福されたい気持ちがあった。

 

 (前回からの続き)

ノートに書いたこと

 

5月15日(水) 妻に話す前の日

自分の気持ち

・ (妻には言えなかったが)「今日は何をするか」といった出来事を話そうという気になった。

・ 自分への信頼(俺は俺を信じる、何があっても)

・ 自分が選んだことは間違ってはいない。一つの疑いもない。

・ 自分の人生で起こることへ覚悟がある。

・ 未来は分からないのに安心感がある。
「大丈夫かなぁ~」ではなく、大丈夫!

・ 妻には色々と言われるかもしれないが、言える。

・ これは「正しい」。
あの人は「正しくない」のではなく、ありのままにジャッジをしない。
自分にも、他人にも。 

 

妻に真実を話すこと

・ ありのままの生き方ナビゲーターとして、生きていきたいこと

・ ビジネスを作っていること(派遣のバイトを辞めたこと、スクールに入って学んでいること、事務所を借りていること、何をしたいか)

・ お金のこと(母からお金を借りていること)

・ 自分を信じていること

・ スクールが終わるまでに売上をあげて、ビジネスとしてやっていきたいことを話そうと思っていたこと。
(自分がいいように思われたい、仕事をしていないのが裏目に感じていたこと)

 

 

5月16日(木) 妻に話す日の朝

自分の気持ち

妻に(家を出るときに)話したいことがあると言えた。

自分を信じている。

怖さがほんの少しだけあるかな。

これは、自分を信じて選んだこと。

 

本当の自分を解き放つときがきた。

恐怖より嬉しさ。

 

それから数時間後、妻が待っている家へと向かいました。

そして、真実を語り始めるのです。

それは、本当の自分になるための新たな始まりでもあったのです。

(続く)

 P.S.
 この記事が少しでも気づきになったと思ったら、
↓↓↓ 応援して頂けると嬉しいです(^-^) ↓↓↓

 ranking01-2
 にほんブログ村 生き方

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る