記事の詳細

今日は、先週にハローワークで紹介してもらった求人先に面接へ行って来ました。

応募書類を23日に郵便ポストに出して、翌日に求人先に着くとすぐに面接の連絡がありました。

その反応から少し手応えを感じています。

日曜日は応募先の研究(ホームページを見ました)や、模擬回答の文章を考えていました。

今日の朝から、質問されることを想定しながら、何度も口に出して憶えました。

昼前にスーツに着替えて、面接時間の1時より10分前に到着。

受付を済ませ応接室で待っていると、採用担当の人が来て別室に移動し面接が始まりました‥。

これまでの会社の経歴や職歴、退職理由、応募動機などを一通り聞かれると、長所、短所を3つずつ挙げて下さいと言われ、しばし考え込んでしまいました‥。

準備不足でした‥。

何とか答えることが出来ましたが‥。

私が言うことを頷いて分かって頂いている様子なので、大丈夫かなとは思います。

が、しかし‥。

実は今日の面接は1次面接で、合格すればペーパーテストがあり、それに合格して役員面接があると聞きました。

求人票には書類選考、面接とあったのでそこまで関門があるとは知りませんでした‥。

まぁ、やりたい仕事ではあるので、勿論望むところといったところですが。

次の準備もしていきたいと思います。

こんな状況を作ったのは、私ですから‥。

過去に蒔いた種を刈り取り、別の種を蒔かなくては‥。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る