記事の詳細

自分らしさ探検家☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「無邪気なところを見つけ出す」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

他人の行動が理解できないとき、欲求不満におちいる人がたくさんいます。

自分に理解できない行動を 「無邪気さの表れ」 と取るよりも、「嫌な感じ」 ととらえてしまいます。

イライラさせられる行動(コメント、行為、意地悪いやり方、自分勝手な態度)をやり玉にあげて欲求不満におちいるのは簡単です。

行動のみにとらわれすぎると、よってたかって、みんなにいじめられているような気分にさえなります。

人はみんな、「変なこと」 をするのは真実ですが、(しない人など、いるのでしょうか?)それに怒るのは私たち自身なのです。

だから、変わらなくてはいけないのは、私たちのほうです。

暴力行為など、常軌を逸した行動を受け入れたり、黙認したりしろ、という訳ではありません。

ただ、「人の行動にいちいちイライラしないコツを学びましょう」、と言いたいのです。

誰かが腹立たしい行動に出たとき、その行動から距離を置いて 「その行動の奥を見る」 ようにすれば、その行動の源となっている 「無邪気さ」 が見えてきます。

意識の中でちょっとだけスタンスを変えれば、「相手を思いやる気持ち」 が湧いてきます。

私は、「早くしてくれ!」 とせかす人を相手にしたことがあります。

私をせかせる彼らのテクニックは、たいてい傲慢で屈辱的ですらあります。

彼らの言葉や口調だけを取り上げれば、私もイライラして怒りさえ感じます。

「嫌な人だ」 と思ってしまいます。

しかし、自分が急いで何かをするときの感じを思い出せば、彼らの行動の奥にある 「無邪気さ」 が見えてきます。

イライラさせられる行動の奥に、「分かってくれ!」 と叫ぶ、欲求不満の顔が浮かんでいるのが分かります。

できれば今から、誰かが嫌な行動をとったときは、その裏にある 「無邪気さ」 を探してみましょう。

思いやりを持てば、探すのは難しくありません。

その 「無邪気さ」 が見えれば、同じ行動を取られても前ほどはイライラしなくなるでしょう。

人の行動にいらだつことが減れば、もっと人生の楽しさに焦点を合わせやすくなります

(続く)

本日もご訪問、本当にありがとうございます。

このブログが、

あなたにとって気づきとなれば嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る