記事の詳細

「素直な心で生きて幸せになる」
ありのままの生き方ナビゲーター☆伊藤直幸です。

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回は、「失敗は存在しないと考える」 をテーマにお話します。

最後まで、宜しくお願いします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「失敗」 などというものは、ありません。

どんな行動にも、必ず 「成果」 があります。

 

何かをやろうとするとき、行動さえ起こせば、必ず何らかの 「成果」 を生むのです。

期待した 「成果」 とは違うかもしれませんが、「成果」 であることには変わりはありません。

 

そうです、あなたは決して 「失敗」 などしないのです!

P4270007

「失敗」 する恐怖のせいで、行動すら起こさない人があまりにもたくさんいます。

独立して、自分でビジネスを始める場合は、特にそうです。

 

「失敗したらどうしよう」 という疑問が、真っ先に頭に浮かんできます。

どういう訳か、始めてもいないうちに、自分は 「成功」 できないと決めつけてしまっているのです。

 

だが、これは理解できます。

私たちのほとんどは、このような 「思考パターン」 を植え付けられているからです。

 

たとえ全員でないにしても、ほとんどの成功した起業家は、途中で様々な 「困難」 に直面しています。

だが彼らは、それらの困難を単なる 「一時的な後退」 だと考えています。

 

一方、成功と無縁な人々は、同じような困難を 「失敗」 だと考えます。

そして、「成功のチャンス」 を掴む前に諦めてしまうのです。

 

いわゆる 「失敗」 と呼ばれるものについて考え直し、それ本来の姿 「一時的な後退」、あるいは、「貴重な経験」 として捉えるようにすれば、成功する可能性は大きくなるでしょう。

 

エジソンは、電球を完成させるまでに1万回の 「失敗」 をしています。

そんなに 「失敗」 するのはどんな気分化と尋ねられると、エジソンはこう答えました。

「失敗はしていない。電球をつくることの出来ない方法を1万通り発見しただけだ」

また別のときには、「自分が成功したのは、上手くいかない方法を使い切ったから」 だとも語っています。

 

不安や恐怖に打ち勝って成し遂げたものは、最初に期待していたものより素晴らしいものになることがあります。

 

コロンブスは、インドへの近道を発見しようとして新大陸に行き着きました。

コロンブスは 「失敗」 したのでしょうか?

 

期待していた 「成果」 と違っても、失敗と考えるのはやめましょう。

伊藤直幸

P.S.
この記事が少しでも気づきになったと思ったら、ブログランキングをクリック(応援)して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 生き方

5月19日開催!
『素直な心で生きて幸せになる!』
お金・幸運・恋愛を引き寄せる“本当の自分”発見セミナー!
案内ページはこちらです。

「自分の心に素直になってありのまま生きるため」 のエッセンスをお届けするメールマガジンを発行しています。
まだ購読をされていない方は、今すぐ、こちらからお申し込みください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る