記事の詳細

【現代版・うさぎとかめのお話】がんばらなくても幸せになれる生き方

なぜか知らないけれど、
『がんばらなくても上手くいくようになる考え方』
『がんばらないで幸せになれる生き方』をテーマに
ゆる~くお話しています。

 ↓
がんばらなくても幸せになれる生き方
【現代版・うさぎとかめのお話】

 

ありのままの生き方ナビゲーター
伊藤直幸です。

 

「幸せ」の反対って、
何だろう?

 

「不幸せ?」

「怖れ?」

「辛いこと?」

「痛み?」

 

ちなみに、
「幸せ」という漢字を、
上下、左右を反対にしても、
「幸せ」になる。

 

ということは、
「幸せ」の反対は、
「幸せ」でしかない。

 

僕は、
悩みや恐れ、
失敗や痛みを
乗り越えた先に
「幸せ」がある
と、
ずっと思っていました。

 

あるとき、
自分がすでに
「幸せな存在そのもの」
であることに気づいて、

生まれてからずっと
「幸せ」だったんだ、
と思った。

 

有り難いことに、
両親は僕の名前に、
「幸せ」をいれてくれた。

 

自分が、
すでに「幸せ」であるから、
そんな、自分に気づけなくて、

悩みや恐れ、
失敗や痛みを通じて
「幸せ」になろう、
としていたんだ。

 

であるなら、
悩みや恐れ、
失敗や痛みも
「幸せ」なこと。

 

「不幸せ」と、
「幸せ」は

対義するものではなく、

自分にとって、
「不幸せに思えるようなこと」も
「幸せ」だということ。

 

だって、
何があっても、
行き着く先は、
「幸せ」でしかないから。

 

 

例え、
仕事でミスしても、

人間関係でトラブルが
あったとしても、

離婚したとしても、

それは、
私の「幸せな人生」の旅の、
スパイスになり、

ときに演出にもなる。

 

もし、
仕事でミスをしても、
それが次の仕事の
役に立っているとしたら、、、

 

もし、
離婚したとして、
次に出会ったパートナーが
あなたのことを誰よりも、
世界一、
大切にしてくれる人だったら、、、

 

そう考えると、
「不幸せ」なことって
本当はなくて、
全てが「幸せなこと」なんだと。

 

「不幸せ」って、
ないんだ。

 

「不幸せなこと」って、
「幸せなこと」なんだ。

 

だって、
すでに「幸せ」な私であるから、
そんな、私に気づきたくて、

悩みや恐れ、
失敗や痛みを通じて
「幸せ」になろう、
としていたんだ。

 

わざわざ、
遠回りして、
「幸せ」になろうとしなくても、

私の心が「幸せ」を
捉えたときに、
「幸せ」は目の前に
現れてくる。

 

「幸せ」を、
瞬間瞬間、選んでみよう。

 

「幸せ」の反対って、
「不幸せ」じゃないんだね

 

何があっても、
私は、「幸せそのもの」
でしかないから。

 

今日もステキな1日をお過ごし下さい。

たくさんの幸せにあふれますように。

伊藤直幸

 

● 記事のリブログ、シェア、転送、転載はご自由に

● メッセージやコメントは、記事で紹介することがあります。

 

● 質問はこちらまで
http://ameblo.jp/jibunrashisa-tankenka/entry-12249893291.html

 

● 読者登録歓迎♪ メルマガを書いています♪
「幸せなことがいっぱい」舞い降りてくる★魔法のコトバ
メルマガ【素直な心で生きて、幸せになるレシピ】

登録はこちらから↓
merumaga-ver3-w450
http://itou-naoyuki.jp/?page_id=1578

 

● 電子書籍を出しています
伊藤直幸の本
伊藤直幸の本
http://itou-naoyuki.jp/?p=2920

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る