記事の詳細

「苦しい」のは、物事が「自分の思い通りにならない」からです。

自分の思ったとおりにならなければ、“幸せ”は手に入らないと思い違いをしたから苦しいのです。

“幸せ”は、何かの結果として手に入ると誤解しているのです。

“幸せ”は、すでに『自分の中にある』のです。

そして、本当に幸せであるように話し、行動することです。

友人と仲たがいをして、連絡をしても電話に出てくれなくて苦しいのなら、友人が自分を許し、笑顔を見せてくれることに執着するから苦しいのです‥。

そこで、『愛ならどうするか』を考えてみませんか?

以前と同じように接することは出来ないでしょうか。

がんばっても上司は認めてくれずに、同僚や後輩ばかりを可愛がる。

それが苦しいのなら、上司に可愛がられたい自分に気づくことは出来ないでしょうか。

何かをするとき、人はどうしても結果に期待してしまいます‥。

「~になったらいいなぁ」、「こうすれば、~が手に入る」と考えます。

これからは、結果についてあれこれと考えない。

相手にも期待しません。

そうなれば、私(あなた)も相手も自由になれます。

楽になれます。

そして、何倍もの素晴らしいことを手にするのです。

(続く)

関連記事

コメントは利用できません。

最新セミナー情報


●【リスクゼロ】セミナー講師、コーチ、コンサル、カウンセラーのための電子書籍出版活用セミナー(11/29)

●あなたのやりたいことが見つかる!『やりたいこと発見セミナー』(12/6)

●「2015年の目標を120%叶えて、望んでいる結果を手に入れる」1dayワークショップ(12/14)

●嫌な人がいなくなる!人間関係の悩み「劇的ビフォーアフター」(人間関係を穏やかにするセミナー)(12/20)

この他のセミナー情報








アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(哲学・思想、心理学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(人文・思想、教育・学参・受験)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(心理学,文化人類学・民俗学)1位作品

アマゾンベストセラー商品ランキング: Kindleストア部門(文化人類学・民俗学)1位作品








ページ上部へ戻る